生イスラエル

なぜにイスラエル?いや、ほんとなんでイスラエル?自分でもわからんことだらけのイスラエル留学生活奮闘記。

テクニオン・イスラエル工科大学紹介

 

 

いやはや、みなさんお元気でしたか?

と、無差別にネット上のみなさんに質問を無責任に投げかける今日この頃にございますが、

拙者は

 

ばり忙しい。

 

気がついたら、やはり一ヶ月は更新していない。

 

てへっ

 

グサっ。

 

https://d29zqcgu2psngo.cloudfront.net/contents/theme/thum_4755.jpg

PIXTA

 

誰かに脇腹刺されたことはさておき、

そもそも今月はなぜこんなに忙しかったというと、

友人のMをイスラエル中引き回しの刑に処していたから。

 

このM、実は前の記事のTの幼馴染で、

 

T「マサん家ただで泊まれたべ。」
 
M「え、まじか」
 
 T「イスラエルの牛も見れた。」
 
M「え、俺も見たい」
 
という、会話を経て、我が家に三週間滞在することに。
その時の記事(まだ、シリーズ完結してないけど笑)も一応貼っておきます:
 
てなわけで、忙しかったけど、楽しかった!
そう、そんなノリで来て!
 
イスラエルは別次元じゃないし、
結構見るとこいっぱいある。
今回はエルサレムヘブロン、エイラット、ティムナ、ヘブロン、ハイファ、ナザレ、ティベリア、死海マサダ、カエサリアと大満喫したM。
 
んでもって、お土産を抜いた滞在費が今回5−6万円。
飛行機代を入れても、18万程度。
つまり、
 
あふぉ〜だぶる。
(あ、あふぉ〜X2って書いたら、カッコイイかも。あとで著作権申請しとこ。)
 
グザっ。
 
まじで、学生でなんか企画してくれたら、激安ツアーできる。
 
吐血
 
ちょっと真面目に、そんな企画をしたいっていうやつらがいたら、連絡くらはい。
 
死亡=遺言
 
 
やっぱり、日本出るだけでもらえる刺激って半端ないと思います。
しかも、こんな面倒臭い様々な要素が入り混じった国を体験すると色々考えさせられます。
 
英語ってやっぱ大事かな。
宗教って?
世界には日本以外の国も本当にあるんだ。
 
といった風に。
 
そんなMと話していたところ、
うちの大学院にくることとか面白いんじゃない?
という話になったりしたので。
 
急遽
うちの大学紹介いいいぃぃ。
 
 
君が好きだから!
いや本当に!
 
 
グサっ
 
では、いってみよ〜〜!
 

★基本情報★

 

うちの大学はこちら:

https://lh4.googleusercontent.com/5b26HKed-tEaBJG1vYYUHIRHVt4Hq1vALHr3c6e7sMS6fUeN0FzxbkAyCwWT9rJUG7kImL7i8-G9xHBT76hyCbtKfsomPTVgt04e5BGAlqNnR0jBhYlQ_IL5GH1bklvegS2XtBvhBFc

https://www.technion.ac.il/en/technion-israel-institute-of-technology/

テクニオン・イスラエル工科大学

 

イスラエルにある工科大学で、アインシュタインとかも設立を手助けした学校。

f:id:banneroflove24:20180331032548p:plain

アインシュタイン、テクニオンにて。

 

基本的に授業はヘブライ語

 

しかし、10年ほど前からインターナショナル・スクールができて、

現在土木工学と機械工学の学士を英語で取得可能。

修士過程は化学、化学工学、物理、材料工学、航空力学、コンピューターサイエンス、電気工学、数学、MBAなど英語で取得可能。

(詳細はhttps://graduate.technion.ac.il/en/prospective-students/language_of_studies/

 

僕は英語で土木工学の学士をここで取得して、

現在また同じ大学で環境工学修士を取得しようとしています。

 

じゃ、ま、かったるいことはお預けにして、

うちの大学の良いとこを紹介していきましょう!

 

★良いとこ1:「安い!」★

学部生

単刀直入にいいやす!

 うちの大学は

は安い!

次の表を見てもらうと: 

f:id:banneroflove24:20180331002506p:plain

アメリカの出費は平均出費で

アメリカ留学の大学選び:留学費用から大学を探す | アメリカ留学の情報集め/留学先選びならアメリカ大学ランキング

から主に参考としました。

 

これだけでも、約2倍の違いがあることがわかりますね。

 

まず、アメリカ、またイギリスなどとかも同様、

レベルの高い大学は

あほたかい。

 

ハーバードとかは年500万円、学費だけで。

誰が払えんねん。

4年いってもーたら、2000万円。

諸費いれたら、2600万円。

家か!

お前は家か!

 

収入も貯蓄も何にもない学生にこれが払えるはずもない。

 

日本人学生「えー、じゃ、アメリカ人はどーやって払ってんのよ〜」
 
われ「奨学金や、奨学金。」
 
日本人学生「え、じゃ、返すの大変じゃん!」
 
われ「あー、まー、Student Loanゆーて借りてる人もいっぱいおんねんけど、海外で奨学金、Scholarshipっていうときは給付型が多いんや。」
 
日本人学生「じゃ、もらえるの!?」
 
われ「そや」
 
日本人学生「私アメリカいく!」
 
われ「はやまりなさんな嬢ちゃん。この給付型はアメリカ人やったらもらいやすいで。でも、ふつーのどこの馬の骨ともわからへん日本人にアメリカはそんな優しない。」
 
日本人学生「じゃ、留学生はもらいにくいってこと?」
 
われ「そうや。。。」
 
アメリカの大学4校くらいに出願したんですが、奨学金をもらえたのは1校だけで、それでも学費が年250万円とお高かったです。
しかも、全米ランキング100位くらいのまーまー大学。。。
 
日本人学生「でも、テクニオンも安くはないよ。だって年合計270万円でしょ!」
 
われ「そうだ、よく気づいたな。さすが、見込んだだけのことはある。しかし、お前が一つだけ見落としていることがある!」
 
日本人学生(めんど。。。)「なに?」
  
われ「それはテクニオンは奨学金を日本人学生に出す可能性が高いと言うことだ!」
 
日本人学生「ええええぇぇぇ!」
  
そうなんです!
僕が入学した当時は学費が130万円と若干安く、その上年90万円の給付型奨学金をもらっていたので、実質的学費は年40万円でした。
つまり、諸費を合わせて160万円ほど。
 
あふぉ〜X2?
 
なぜ、イスラエルは日本人に奨学金をだすのか!?
それは、この大学の悪いところでもあるんですが、
 
ランキングをあげたいから!
 
これは、日本の大学の悪いとこでもあるんですが、
世界大学ランキングを上げるために留学生の数を増やそうとしているんです。
 
本音をいわしてもらいますと、これを読んでる皆さんも
やっぱ
 
なんでわざわざイスラエル
 
留学自体リスキーなのに、なんでさらに自分を危険な道へ追い込む?
 
とお考えではないでしょうか。
これは次のセクションでお答えしたいですが、
世界の大半の留学生もそう思っているのでございます。
 
だから、わざわざイスラエルにくる留学生は少ない。
そのリスクとるんやったら、アメリカ有名大行くわ。
ってなわけで、アメリカ有名大の留学生数は安定しているということです。
 
では、どうするか?
答えは
 
 
アメリカ有名大に入りたい。
でも、金がない!
まーまーいい学校がイスラエルにある。
しかも、給付型奨学金を出している!
出願だけでもしてみようか。。。
 
というような図式です。
僕の学部のクラスメートでこーゆー動機の子も少なくありませんでした。
 
そして、この学校の日本人学部生が今一人だけしかいないという状況を考えると、
日本との関係を構築するために、日本人であるあなたに奨学金がおりるということは十分ありえるのです。
 

さらっとだけ院のことも書いておきます。
今現在僕はこちらの大学院で環境工学を専攻していますが、
学費は
なんとおどろきの
 
0円
 
そればかりではなく、これまた、給付型で
 
月12万円程
奨学金をもらっています。
 
詐欺ではありません。
学割プランでもありません。
 
日本やアメリカでは想像し難いですが、
シンガポールや上海などの大学では、
大学院生がある程度、助手のような扱いを受けていて、
半分仕事と捉えられています。
 
それなりにデメリット(長期休暇がないなど)はありますが、
日本やアメリカでお金を出してまで大学院の学位をとらなくても、
向こうが払ってくれるんですよ、ここ!
 
学部ではちょっと留学は恐いけど、院なら!という方とか。
また、研究したいものがあって、でもお金がないという人にも。
自給自足できるレベルの奨学金をもらうことができます。
 
 

★良いとこ2:「ランキングが高い!」★

てか、そもそも、イスラエルなんか行ったら後先考えなさすぎやで!

 だ〜れも、評価してくれへんで。。。

という方に。

世界大学学術ランキングを見ると:

f:id:banneroflove24:20180331014442p:plain

http://www.shanghairanking.com/ja/ARWU2015.html

イスラエル工科大学が77であることがわかります。

名古屋大学と同じランキングの77位であり、なんとなく、

あ〜日本でいうこれくらいの大学と同じ感じで世界から見られているのだな〜

とわかります。

 

アメリカ国内42、43位のボストン大学ブラウン大学ともランキングが近いことから、アメリカトップ50位圏内の大学の評価を受けていることがわかります。

 

 

日本ではうちの大学は知名度が低いですが、

アメリカの大学がテクニオン大学を見る時、ボストン、ブラウン、ライスを見ているような目で見ているわけです。

つまり、ここで好成績を残せたら、アメリカトップ10校レベルの大学院からお声がかかるというわけです。

 
うちのクラスメートのほとんどの子たちのここにきた動機がこれでした。
安いし、ここで頑張ってアメリカの良い院に行く。
 

f:id:banneroflove24:20180331025631p:plain

うちのクラスメート(一番かっこいいのが私)。
 
結局ほぼ全員がアメリカのトップ校の大学院に入学していきました。
 
野心を燃やす若き日本人には良い選択肢かもしれません。
僕も当初は同じような目標でこっちにきていました。
 
頭のいい人になりたい!
みんなによく見られたい!
 
でも、僕は去年はこんな大学に出願出す気力もなかったです笑
 
それでいて、まだここに残った理由の一つにこれがあるのかなと。
 

★良いとこ3:「誰もいない!」★

 ま、これは悪いとこでもあるのかもしれないですが、

イスラエルに工学勉強しにくる日本人なんてほぼいない!

という事実です。

 

受験生が一流大学に入りたいとかって思っているのはなぜでしょうか?

それは、1流大学の出の人が「少なく」、且つその「ニーズがある」ので、企業から雇われやすいからです。

 

あなたの周りにイスラエルの工科大学を出た人は何人いますか?

「少ない」と思います。

では、「ニーズはある」のか?

 

答えは「ある」

それが今後どれほど大きくなって行くのかわからないが、確かにあります。

 

学部で唯一の日本人だったので、日本の企業を案内したりする機会も多々ありました。

テルアビブなどで働いている日本人の方々は少なくありません。

ある意味、これからが面白い時ではないかなと感じております。

 

あとはやっぱり日本人としてここにいるから出会う人たち。

日本語を勉強する人たちや、イスラエル在住の面白い人たちと自然に繋がれる。

これはもう、能力とか必要されておらず、

ただ

そこにいるから

コネクション。

 

ワンピースでロビンちゃんが

 

私は一緒にいるだけで彼らを傷つける
 
とエニエス・ロビーでいっておりましたが、
 
イスラエルいるだけで、会える人がいる
 
とマサはいいました 。
 
一生ものの宝物です。
 

しかし、日本人枠を独り占めということは、

はっきりいって

ばりきつい。

 

日本人が他にいない環境で、

僕は英語が話せたんで、日本語が話せないことはそんな苦ではなかったんですが、

やはり、家族がいない中、自分をある程度理解してくれる同郷の同士的存在がいなかったことはチャレンジでした。

 

でも、見方を変えたら、英語を練習するまたとない機会です。

アメリカの有名大学になら、日本人は絶対います。

英語がないと餓死するとかはないと思います。

 

こっちでは話さないと死にます!

 

よって、話せるようになる。<完>

 

海外の人と話せる自信がない!

 

大丈夫、話さないといけないから。

 

もちろん現実はこんなに簡単じゃないです。

落ち込みます。

大学が修道院が立つくらい外界から隔離された場所にあるから、

一人ぼっちなときも多いです。

 

でも、そんな中だからこそ、人生の意味を考え直したり、

なぜ僕はここにいるのかという根本的質問に立ち返らせてもらえるんじゃないでしょうか。

 

本当に大事なものって、

本当に辛いとこを通らないといただけないもの。

 

ここでの5年間きつかったです。

でも、本当に来てよかった!

 

そういう人とはまた違った留学を僕はオススメします。

 

では、また!

 

事務所のある1日

やはり、コーヒーを飲むならミルクハーフにコーヒーハーフに限る。苦い癖のあるコーヒーを優しく受け入れるミルク。それが均一に溶け合う時、男女の関係の奥義さえも彷彿させるではないか。オフィスチェアに深くもたれかかると、窓から見える贅沢な地中海の景色に思いを委ね、彼はハーフアンドハーフのコーヒーをすする。

 

彼の名はユダ。彼がハーフアンドハーフを好むのはそれが人間関係における最大の深淵を垣間見せてくれるゆえでは無論ない。単純にコーヒーだけで飲むと眠ることができないからだ。ユダには小さい頃からそんな一面がある。素直に負けを認められないこと。負けたっていいじゃないか。ユダにはそんな言葉を鵜呑みにするほど、人ができていない。

 

かといって、性格が悪いわけでもなく、彼の落ち着いた笑顔を飾るにっこりとした茶色い瞳が、なにかしらの安心を与えるのだろう。人付き合いもできる方だ。彼の素直でない性格がコーヒーなら、こっちが彼のミルクとでもいえようか。そんな自然体な彼からは特別なんの害も益も見出せないように見える。

 

表向きはユダは地方の公務員だ。いつも地域の問題に真面目に取り組んでいる。昨日の夕食の会話に上った話題だって、「いかに名産品のフムスを低コストで宣伝するか」という真面目でケチでなんの面白みもないようなものだった。

少なくとも、ユダの妻とその子供達には。

 

しかし、彼の家族たちさえも知らないのは、彼が幾度となく国の危機を救ってきたということである。信じがたいって?では、事務所でのある1日を紹介しよう。

 

ー事務所のある1日ー

 

その日もユダはハーフアンドハーフを飲みながら、ゆっくりめに仕事に手をつけようとしていた。立派な事務室だ。大きなマホガニーの机には新聞が広げられている。今日の朝刊だろうか。本棚には「中水道処理」から「フェニキア語入門」までありとあらゆる本がたたずんでいて、いかにも知的な匂いがする。だからと言って、ユダが本棚の本を全部読んだわけでは決してない。見た目は大事なのである。

 

そんな静かな朝を踏みにじるように慌ただしく、資料の束を片手に抱えた、ぼさぼさ頭の男が事務室に転がり込んできた。

 

「た、たいへんです、部長!」

ユダはハーフアンドハーフをすすり続ける。いつものことだ。

「どうしたんだ、ティム?良いフムスの宣伝方法でも思いついたか?」

「部長、落ち着いて聞いてください。」

ユダはハーフアンドハーフに砂糖を入れる。

「『猫問題』を解決せよとのお達しが上から来ました!」

 

ユダの眉毛が少し上がると、笑みがこみ上げた。

「それは本当か!やつら血迷ったか。ここ100年以上解決していない問題だぞ。」

ティムが抱えていた資料が遠慮なくユダの机の上に広げられた。

「本当です。クラスAの問題ですよ。ユダ部長の腕を見込んでということでしょう。」

ティムが資料の一番上の依頼書を取り出して、本部の印鑑をユダに見せた。

 

「そうか。これは面白くなりそうだ。ティム、まずは問題の定義からだ。一応のリサーチは終わっているだろう。」

ティムはメガネを押し上げると、得意そうに資料に手を伸ばした。

「何年一緒にやっていると思っているんですか。当たり前ですよ。言わずも知れた我が国の『猫問題』。簡単にいうと、この国には猫が多すぎるという事実です。」

「ふむ、そうだな。では、多すぎるということはどのような問題を引き起こすのかな?」

ティムは少し考える。

「そうですね。。。やはり、食物ピラミッドのバランスが崩れることでしょうか?つまり、猫が繁殖しすぎると、他の動物が食べるべき食べ物がなくなったり、猫が捕食する動物が絶滅の危機に陥ったりすることでしょうか?」

「ふむ。面白い考え方だな。いや、極めて平凡と言おうか。」

どっちなのだと、ティムは眉をひそめる。

「我が国ののら猫はかなりの割合で人によって餌を与えられている。なんという言おうか。お前も知っている通り、この国の国民性と言おうか、お節介だろう。それは人間に止まらず、猫にまで及んでいるんだ。ほら、近所のおばちゃんがよく猫どもに餌をあげているのをよく目にするだろう。あれだよ、あれ。

ハ・アレツ紙によると、我が国のペットの30%はのら出身だそうだ。20%は動物保護施設から引き取られたものだ。また統計によると我が国でペットを有する市民の70%はペットの品種を気にしないそうだ。この、なんだ、地中海的『どうでもいいさ〜』精神が生み出した天災ならぬ、人災だこれは。

もし情報源が気になるのなら、リンクをここに貼っておく。言っておくがヘブライ語だ。

הדייר הנוסף: הצד החמוד של הסטטיסטיקה - הקצה - הארץ

つまり、まとめると、野良猫どもは人によって養われているのだ。よって、彼らが増えることによって、食物連鎖はそう簡単に崩れはせんよ。」

「はぁ。では、何が問題なんでしょう。」

「ティム、君はもう少しでなんの祭りか忘れたのかい?」

「プリムですか?」

「いや、そのあとだ。」

「では、ペサハ。」

「ご名答。それはなんの祭りだ?」

「エジプトから無事脱出できた。さぁ、マッツァを食べよう祭りです。」

「ん、まぁ、余計なのがついているが、そうだ。なぜ、エジプトから脱出しなければならない羽目になった?」

「それは、ヘブル人の人口がエジプトで増えすぎたため、ファラオが危険と感じたためでした。は、まさか!」

「そのまさかだよ、ティム。この問題がクラスAである理由の一つだ。つまり、ビビ(注ベニヤミン・ネタニヤフの略)は猫が政権を乗っ取るのではないかと恐れているのだ。増えすぎた人口、いや猫口の危険性は侮れない。

イスラエルの猫口は、イスラエルの猫去勢団体、「Meow Mitzvah」によると、200万匹だそうだ。我が国の人口がおよそ800万人なので、四人に一匹の割合で猫がいることにある。

彼らに選挙権はないが、彼らの影響力をもってすれば、世論は赤子の手をひねるより簡単に変わるだろう。

アメリカで女性の投票権が初めて認められた時、こう言った人がいた。『女性に投票権など必要ない。彼女たちは、遥か前から夫の投票権を握っていたのだから。』」

ティムの目は涙で潤っていた。

「ぶ、部長。私、本件少々見くびっておりました。責任の重さがひしひしと我が臓器に伝わってきております。」

「うむ。無論、これらのことは他言無用だ。心を改めてこの問題に取り組むように。」

ティムはよれよれのスーツを引き締め、尊敬の眼差しをユダに向けた。

「はっ!では、部長殿はいかにこの問題に取り掛かろうとされておるのでしょか?」

「ティム、政府は今どのようにこの問題に取り組んでいるか知っているか?」

「は、はい。先ほど部長がおっしゃられていた、猫去勢団体などを支援することによって猫口を減らそうと努めています。2016年の数ヶ月で政府は1億二千万円程度をこれらの団体に援助金として出しています。しかし、未だ数の多さに圧倒され、とても追いついてはいません。一応、リンクも貼っておきます。」

www.haaretz.com

「その通りだ。この方法ではとても追いつかないのだ。金で解決できることと、できないことがある。そこが難問なのだ。」

「なにか良い策はないものでしょうか。。。」

「そうだな。他に何か資料を通してわかったことはないのか?どんな些細なことでも良い。報告してくれ。」

「それが、猫どもが裏で働いているのか、めぼしい情報が少ないのです。」

「やはりな。」

「一般的に我が国がイギリス統治下にあったときに、ネズミなどを駆逐するためにヨーロッパからもってこられたという認識が高いです。」

「なるほど。日本という国の沖縄という島のマングースとハブのような関係だな。」

「あ、日本といえば、うん、いや、なんでもありません。」

「ん?なんだ言ってみても構わないぞ。今はとにかくどんな情報でも出せるだけ出していこう。」

「これがなんの手がかりになるかわからないのですが。日本という国のバンドで『電気グルーブ』というバンドをご存知でしょうか?」

「いや、聞いたことがない。」

「はい、私も知らなかったのですが、日本という国ではある程度の知名度があるらしいのです。」

「ふむ。そのバンドがどうかしたというのか。」

「それが、そのバンドが『猫とイスラエル』という歌を出しているのです。」

「何!?そんな聞いたこともないような国が、ピンポイントで我が国のクラスAの問題を歌っているだと?モサドは知っているのか?」

「多分見逃していると思います。」

「そうか。スパイかもしれんな。レーニンがドイツの助けでソヴィエトで革命を起こしたように、猫どもが電気グルーブによって、政権を覆すかもわからん。」

「まさか!」

「ソヴィエトもレーニン一人に国を覆されるとは思っていなかっただろうよ。」

「そうですね。なにかもっと手がかりになるようなものがあればいいんですが。」

「歌詞はどんなのかわかるか?」

「はい。ここに貼り付けます。」

 

ひとつ増えている

2日越しできてる

さらに隙をみせる

夜は始まってる

 

今日を振り返る

白い部屋のホテル

色は深まってく

電話鳴り響く

 

行く先はイスラエル

西へ向かう多分

気配漂ってる

猫が連なってる

 

一つ増えている

2日越しできてる

今丁度、イスラエル

猫がそこで見てる

 

「こ、これは!」

「どうかしましたか?」

「明らかに暗号だ。」

「どういう意味なんでしょう。」

「パッと見るところなんの意味もないが、一つづつ読み解いていこう」

「はい!」

「まずは最初の部分だ。」

 

ひとつ増えている

2日越しできてる

さらに隙をみせる

夜は始まってる

 

「一つ増えている、2日越しできてる。。。多分これは猫のことだな。一番最初に我が国の猫と接触した時のことだと思われる。 

さらに隙をみせる。つまり、もう隙を見せていたということ。つまり、これ以前にも直接的でないにしてもなんらかの接触があったということだ。そして、この会合のあとで、明らかにこの交渉に発展があったことを示唆している。

夜は始まってる。。。『革命』が始まっていると。。。」

「もう始まっているんですか!?」

「うむ、向こうもなにかもう手を打ち始めているらしい。今のところ表面化していないが、芽が出ないうちに摘むのが得策だろう。解読し続けるぞ。」

「はい!」

 

今日を振り返る

白い部屋のホテル

色は深まってく

電話鳴り響く

 

「今日を振り返る。よほど、深い内容の会合だったらしい。消化しきれていないのだろう。

白い部屋のホテル、色は深まってく。これは難問だな。白。白。これが日本、つまり、アジアの思想をもっている国の音楽家が書いたのなら、中国の思想からの影響もあるはずだ。。。方角的に白は中国の概念で西だ。ティム、君はベラルーシという国を知っているだろう。ベラルーシからの我が国への帰還者は少なくない。

ベラとは白、ルーシとはロシアを指す言葉で、直訳すれば「白ロシア」だ。一説によると、ロシアの西側にあり、中華思想の影響もあったことから、そう呼ばれたようだ。

つまり、これは我が国のベラルーシからの帰還者が彼に接触した。もしくはその手先、いやもしくは、彼が手先で、猫が裏で操っているのかもしれないが、いずれにせよ、ベラルーシが絡んでいることに間違いはなさそうだ。

次は、色は深まってくか。これは字義通りにとっていいだろう。つまり、その会談が濃くなって言ったということだ。そして次の文章、電話鳴り響くだが、向こう側が返答を要求するために電話をかけてきたのだろう。」

「め、名推理です。考えもしませんでした!」

「ここで油断してはいけない。最後まで読み切るぞ。」

 

行く先はイスラエル

西へ向かう多分

気配漂ってる

猫が連なってる

 

「行く先はイスラエル。先ほどの返答への答えだな。つまり、合意したということだ。西へ向かう多分。これは文章を濁している。万が一この文章がモサドなどに見られた場合、日本からであることをぼかすために、多分という言葉を使ったのだ。

気配漂っている。これは革命の気配だろう。

猫が連なってる。待てよ。この文体からするに、我々がやや有利かもしれないぞ。「多分」や「気配漂う」など曖昧な言葉を使って、万が一見つかった時に備えているが、「猫」、そして「イスラエル」などといった、恥ずかしいまであからさまに問題を書いているところからみて、当事者がまだ完全に猫側に翻っていないことがわかる。これは、交渉が可能だということだ。」

「なるほど!希望が持てますね!」

「そうだ。よし最後に取り組もう。」

 

一つ増えている

2日越しできてる

今丁度、イスラエル

猫がそこで見てる

 

「1つ増えている。2日越しできてる。これは最初の歌詞と同じだが、次の文章が違う場面であることを物語っている。

今丁度、イスラエル。赤裸々に事実を物語っているな。

猫がそこで見てる。なるほど!わかったぞ!これは、つまり、猫どもによって監禁されたのだ!これは助けを求める手紙だったのだ。つまり、曖昧にしたのは私たちにばれるのを恐れたのではなく、猫にばれることを恐れたからだ。ティム、今すぐモサドに連絡だ!」

「は、はい!」

ティムは急いで事務所を出ていった。資料で散らかされた机と共に残されたユダは、残っていたハーフアンドハーフを一気に飲み干した。

「いや、仕事をした後のコーヒーはうまい。ことはどう動くはわからないが、モサドがうまくやってくれるだろう。」

その後、モサドからも上からもなんの連絡も来なかった。政権も比較的安定していることから見て、一件落着といえよう。市民の知らないところで、この国はユダによって救われているのだった。

これが、その日の事務所の出来事である。

 

海外だから?

お久しぶりです〜

まさです〜

気づいたんですけど、このブログ立ち上げてから1年たっちゃいました。

ま、でも、月一ペースもきつい感じなので、ゆったりと書いておりますが、

相変わらずイスラエルでは年末年始の兆しなし。

順風満帆、二ヶ月後には目的地につくかと。

 

はい。

 

最近ネタが尽きてきたということでは決して、決してないのですが、大学院生活もまーまーな忙しさで、何を記事にしようかな〜と思っておりました。

で、まあ、そんなことを考えていると腹も空くわけで、何を作ったらいいかなと考えておりました。

肉は今切れているので、本格的な料理は無理。

外食しても、高いしそんな美味しくないので、却下。

オムライスは昨日気分で作ったのでなし。。。

でも、オムライスの材料あるから、

 

チャーハン

 

そう、お前に行き着いちゃうんだ、チャーハン。

いっつも、お前だな。

先生、この3年間ずっと見てたんだぞ。

ちょーーっと飽きてきたけど。

味的には10点評価で言うとこの6くらいだけど、

コスパがお前の王座を不動のものとしているよな。

 

と、チャーハンに語りかける独身23歳。

そんな、チャーハン。

まずは飯を炊かねば。

 

トゥルトルゥ〜♪

(ハミングです)

 

あ〜あたあた

f:id:banneroflove24:20180105063403j:plain

こっちで売っているすし飯という名の、ま、ただのジャポニカ米。

寿司はイスラエルで大人気で、友達の話によると、テルアビブは日本国外の街として、寿司屋が一番多い街だそうです。

だから、日本米っぽいのも手に入る。

よし、よし、洗おうか米。

 

トゥルトルゥ〜♪

 

 

ん、なんか浮いとるな〜

米ぬかかね?

 

。。。

 

米ぬかにしては黒いの〜

 

それだけ取り出して見る。

 

f:id:banneroflove24:20180105063848j:plain

 

お、おう。。。

 

私の頭の中から元気は良いが後先考えない解説少女が、大きな声で

 

ズームイン!

ちょ、ちょっと待て!

f:id:banneroflove24:20180105064123j:plain

 

こ、こ、これは。。。

こ、こ、コメヌカ。。。

 

解説少女「なに言ってるの!これはどう見たって「む、」

 

僕「米ぬかって黒いんだ。」

 

解説少女「よく見て、動いてるでしょ!まだ生きているわ!」

 

僕「ははははーそりゃコメヌカだって動くでしょ!化学の授業で習わなかったかい?ほらー、あれだ、ブラウン運動だよ!ははははー」

 

解説少女「現実を見て!逃げてばかりいたら、何にも始まらない!チャーハンできないじゃないの!」

 

僕「虫ですねこれ。しかも生きとる。一匹とか二匹とかじゃない。」

顔少しひきつる。

確か、このブランド前買った時も虫はいとったな。

しかし、冷静に見ると、米1カップに四匹も入っとる。

しかも1匹は堂々と生きてやがる。

 

食品規定はどうなっとる?

虫を売るなら虫だけ売ってよ。。。

てか、ユダヤ人やし、食物規定とかは厳しい方やん!

うぇあ、いず、その厳しさ、ひや?

 

でも、チャーハン作らへんと。

これがジレンマっていうものか。

1)チャーハン食べないと死ぬ。

2)このコメには虫が生息している。

 

死ぬわけには行かない。

そして、いつもより2倍くらいの時間をかけてコメを洗いまくる。

虫いたらとる。

 

でも、食べんのね?

 

はい。

一応ちゃんと売られているもんだし、イスラエル落ちても先進国やし、食品規定は通っているはず。

つまり、この虫は食っても死なない虫だ。

 

多分!

 

いつからそんなルースになったのだ。

我がうちの大和魂が唸る。

そなたには武士の誇りというものがないのか。

 

まー、生まれつきレベルで僕はルースなんで今に始まったことじゃないんですけど、原因の一つはわかるような気がする。

それは、

 

 

この過去合計3年間の寮生活によって麻痺させられてきた、人としての衛生基準。

僕がこれまで一緒に住んできたインド人と中国人の寮はすさまじかったです。

まだ、学部生で、親から初めて離れた我らが掃除を定期的にする難しさ。

でも、でも、それでも、すごい世界。

 

そして、ある日我々は勇気を振り絞ってあの化け物を退治しようと奮い立ったのだ。

 

筆舌しがたい。

そうですね。

えーと、うーん。

めちゃくちゃためらわれるんですけど、

一挙公開

その時の冷蔵庫。

 

まず、注告なんですけど、閲覧注意です。

特に何か食べてたら一発アウトレベルです。

えーと、食べ物の最終形態、この世の地獄、ハルマゲドン。

僕の冷蔵庫は核爆弾。

あ、こんな歌ありそうですね!

 

って、あるか!

 

ま、とにかく、汚さの極みです。

それでも、覚悟があられるなら、いざ我らは行かん、未知の世界へ。

僕は百も承知の世界ですが。

 

でも、写真をそのまま公開してしまうとショッキングすぎるのでクイズ形式で出して生きたいと思います。

(結局写真は出す。)

 

次の写真に写っているものは?

1)毒キノコ

2)いちごであることを忘れたいちご

3)ドラゴン

4)幽界に生息するアレ

f:id:banneroflove24:20180105070532j:plain

えーと、これはですね。

毒キノコですね。

間違いなく。

はい。

じゃんじゃんいこう。

 

次の写真に最も近いものを選べ

1)アメーバ

2)行き場を失った発酵ミニオン

3)なんかの脳みそ

4)フムスになれなかったひよこ豆

f:id:banneroflove24:20180105071111j:plain

まー、これなかなか言われないとなにかわかりませんよね。

これら異世界品が飛び出てくるわけなんですが、言い訳っていといってはなんなんですが、僕の冷蔵庫のセクションから出て来たものをほぼないです。

 

一応弁解

でも、もう遅い気がする。

お嫁にいけないな〜と思いつつ。

あ、我男なり。

 

気分がすぐれないみなさんは見る必要ないですよ〜

 

でも、見たい人は容赦無く。

次の写真二つは多分説明がなくともわかると思います。

 

f:id:banneroflove24:20180105071816j:plain

f:id:banneroflove24:20180105071845j:plain

彼らもこんな姿に落ちぶれるとは想像もしていなかったはずです。

若いっていうのは怖いもんです。

この冷蔵庫、かなりのホラー感が出ていました。

少し加工したものの、本質は失われないはず。

f:id:banneroflove24:20180105073913j:plain

自分で書いていてなんなんですが、吐き気が少し。

「case 999 冷蔵庫密室殺人事件」

「まず、被害者がなぜ冷蔵庫に閉じ込められていたということだ。犯人はなぜわざわざ被害者を冷蔵庫で殺さなければならなかったのか。そんなにもこの冷蔵庫は因縁のある代物だったのか。ま、まさか、これはあの伝説の冷蔵庫。古代人に『神の敵』とまで呼ばしめた、呪いの冷蔵庫。。。」

 

 

これね、確か冷蔵庫内でこぼれたバーベキューソースを誰も拭かずじまいでこうなっちゃった。

実はまだもうちょっと写真もあるんですが、そろそろ限界が来ているので、最後の一個としましょう。

f:id:banneroflove24:20180105072929j:plain

さすが、最後の一枚。

角にたたずむその姿、その落ち着き。

ラスボス感漂います。

 

勇者はそれを開くのであった。

f:id:banneroflove24:20180105073114j:plain

これはひどい

 

ゆえに彼の名は勇者。

勇ましい者と書く。

世々語り告げられん。

 

 

アナビーム。

そうとだけいっておきましょう。

どうしても知りたい人は、僕にメッセージください。

 

どうですか、すさまじかったですよね。

今も胸の奥が気持ち悪いです。

 

つまり、こういう世界に僕は過去3年住んで来たわけです。

コメに少し虫が入ってたくらいではもう慌てません。

 

しかし、海外だから、というわけではありません。

海外なら、お米に虫が入っているかもしれません。

でも、イスラエル人は日本人とまでは行かないまでも、普通にみんな掃除します。

 

僕が今回この汚名をかぶることによって、

他のみんなの輝きが増すのではないでしょうか。

 

そうだ、これはクリスチャンのあるべき姿なのかもしれない。

自己犠牲。

言い訳はしません(したけど)。

みんながこれでイスラエルのことを愛してくれる(とは思いません)。

 

ただ、めちゃくちゃ汚くて。

ここまで来たらもうこの汚さ正義なのかも。

と思わされる感動を覚えたので、一心に書いたまで。

 

うん、以上

 

追伸

チャーハンは美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

聖書をヘブライ語で読んでみよ!<名詞編(複数形)>

 は〜い、「聖書をヘブライ語で読んでみよ!」

第二弾、名詞編いってみたいと思います!

イェ〜〜〜い^^

 

第一弾はこれです^^

まだ読まれていない方は、

こっちから初めてください〜

 

raw.hatenablog.com

 

ま〜名詞ってゆ〜のは、

簡単に言えば「もの」ですね〜

犬とか木とか空気とかも。

あとは「感じること」とかもあったりします。

痛さ、悲しみとかもですね〜

 

ん?

 

前の記事で動詞編やるって言ってなかったっけ?

 

言ってました(あは)

 

でも、名詞なくして動詞は語れない。

ものがないのに、そのものが何をしてるなんて話せないじゃないか!

 

もう!しっかりしてよマサ〜〜

 

ってことで、

早速いってみよ〜〜

 

目次です

 

ふくしゅー(仇じゃない方の)

前の記事でBlue Letter Bible (以降BLB)の説明をちょっとしましたが、

少しおさらいしていきたいと思います。

f:id:banneroflove24:20170825153913p:plain

この青く囲っている部分が基本の形です〜ってことを前の記事で書きました。

この基本の形は

動詞(何かをしていることを表すもの)の場合、

「彼がした」っていうの状態が基本。

「創造する」っていう動詞があれば「創造した」が基本の形ってことですね。

 

そして前の記事ではサラっとしか触れませんでしたが、

名詞(物)の場合も基本の形があります。

日本語では「犬」はどう頑張っても「犬」ですね。

「犬」が三匹になっても「犬」は「犬」なんです。

 

例の文

三匹の犬が踊る。

 

変わらんね〜

 

でも、英語だったらどうでしょう。

英語で「犬」は「dog」ですね。

じゃ、三匹いたらどうなりますか?

「dogs」ですね〜

 

例文

Three dogs dance.

 

いっぱいそのものがあったら最後に「s」がつくんですね。

これが「複数形」っていうものです。

一つしかない場合「単数形」っていいます。

一匹の犬、「one dog」ですね。

英語でもヘブライ語でも、この「単数形」が基本です。

 

名詞は基本「一つ」!

 

さて、これを頭に入れて初めていきましょう!

 

フローチャート

とは言ったものの、どう始めたらいいんかさえわからない。

で、ですよね。。。

 

( ̄ー ̄)ニヤ

 

「ふっふっふ」

「お前の技は全て見切ったはずだ!もうなんにもできまい!」

 

「はっはっは」

 

「な、なんだ、まだ、奥の手があるのか」

 

「。。。」

 

 

「いでよ、フローチャート!」

 

「な、なんじゃこりゃ!」

となっているのは主人公だけでないはず。

めちゃくちゃややこしく見えますが、

この紙に沿っていくだけで、ヘブライ語解読できちゃう魔法の紙です(多分)

今回は:

f:id:banneroflove24:20171030044446p:plain

この青で囲んだ部分だけをやります!

後々便利になると思うので、

PDFをダウンロードしたり、

プリントアウトしてお手元で確認できるのがベストです^^

じゃ、今度こそ行ってみよ〜!

 

文字はどこだ?

このタイトルがフローチャートの一番目(スタート地点的なとこ)ってことを確認してください〜

 

じゃ、これにそって、さっそく聖書ででてくる「もの」をまずみていきましょう!

ヨナ書の2:10

「主は、に命じ、ヨナを陸地に吐き出させた。」

でっかい魚だったので、大きくしました^^

 

じゃ、前回の通りに、ヨナ書の2:10開いてください〜

わからない方は、前の記事をみてください〜

f:id:banneroflove24:20171030045722p:plain

英語でもこの箇所をまず一旦読んで、日本語の魚に相当する英語の単語がなんなのかを、ゆっくりでいいですし、辞書を使って、調べてください。 

英語でで囲まれている「fish」です!

上の英語の文章に青で「fish」ってありますね。

そして、下の方にもやはり「fish」とあります。

それで、赤で囲まれている

「דג」

ヘブライ語で「fish」つまり「魚」になります。

はい、ここまでは前回もやりましたが、

いよいよ「文字探し」に入っていきたいと思います。

f:id:banneroflove24:20171030050303p:plain

上の緑の「原文って書かれているところから、

ヘブライ語

「דג」

探してみてください。

 

 

 

どうですか?

ありましたか?

f:id:banneroflove24:20171030050509p:plain

あ、ありました!

 

何かついてる?

ん?

「ずるいやん、右になんか文字ついてるやん。」

って思われた方、

そうなんです

前回の記事でも行った通り、

基本の形だけじゃ、文章はちゃんとかけないんですね。

だから、いっぱい基本の形になんかついてくるわけです。

 

これが、フローチャートでいう

「なんかついている?」

の答えです。

 

もちろん、あまり多くはないですが、

基本の形だけで、何にもついていない場合もあります。

その時は、その言葉はただただ単数形(一つとして)使われていて、

フローチャートの「いいえ」の選択肢:

「ゴール」に一気にたどり着けちゃうわけです。

 

右か左か?

今回は基本となる言葉の右に

「ל」

という文字がついてますね。

f:id:banneroflove24:20171030051404p:plain

つまり、の方向ってことですよね。

今回はを説明したいので、もう一つの例を見てみましょう。

 

いっぱいあるか?

じゃ、もう一箇所魚が出てくるとこ見て見ましょう。

伝道者の書9:12a

「しかも、人は自分の時を知らない。悪い網にかかったのように、わなにかかった鳥のように。。。」

はい、この魚ですね。

じゃ、これをBLBで開いて見ましょう。

 

f:id:banneroflove24:20170914183145p:plain

さっきのでも魚これでしたよね。

こので囲まれてるのが、ヘブライ語で書かれたやつです。

で、前言ったように、ここは基本の形で書かれているですね。

つまり、魚が一匹の状態(単数形)。

 

じゃ、この言葉を上の原文から探して見ましょう!

もう一度フローチャートの「文字はどこだ?」のステップです。

 

今回は文章が長いので、少し時間がかかるかもしれませんが根気よく見ていきましょう。

なんか、他に色々な文字がついてあるかもしれないですが、この二つの文字を探して見ましょう!

 

f:id:banneroflove24:20170914183444p:plain 

あ、ありました!

上の青で囲まれているところです。

時間がかかった方、大丈夫です。

少し慣れが必要ですけど、慣れてきます^^

 

 

ん!?

右にも左にもなんかついてますね!

フローチャートにはどっちにもついていたら、まず左からと書いてあるので、まず左からやっちゃいましょう。

「כדגים」

って原文にありますが、

「ים」

って左についてますね。

こっちに注目して行きたいです。

 

ほんで、ここで絶対チェックして欲しいことがあるんです!

 

それは英語です!

 

お、おう。

いぇあ、あいきゃんすぴーく、いんぐりっしゅ!

 

大丈夫落ち着け。

今は21世紀だ。

 

f:id:banneroflove24:20171119215148p:plain

 

 こっちの左っ側に英語が書いてあるっていいましたよね。

この「fish」に注目。

「fishes」

~esがついとりますな。

~sとか~esが英語の名詞の最後に着いたらそれは複数形!

つまりいっぱいそれがあるってこと!

魚いっぱい!

これ日本語だったらわかりにくいですよね。

悪い網にかかった魚とだけ書いてあって、一匹か何匹かわからない。

でも、ヘブライ語でいっぱいだったら、英語でもたいていの場合ちゃんといっぱいあるって訳せてるんです。

 

結論:

英語でいっぱいあるか(~sか~es)チェック!

 

男か女か?

さて、フローチャートでの次のパターンは 

「いっぱいあるか?」

に対し

「はい」

のパターンなので、

次は「男か女か?」

が大事になって来ます。

  

じゃ、前回通り、その横ので囲まれてるとこをぽちっとな。

f:id:banneroflove24:20171123085044p:plain

するとこの画面にでます。

f:id:banneroflove24:20170914174054p:plain

前回にもやりましたが、音声ボタンを押すと

「なsd;fなおえ_・・・ダーグ、ダーグ

って聞こえると思います。

ヘブライ語ダーグです。

 

それがわかったところで、前回と一緒でで囲んでいる「Part of Speech」ってところをみてください。

これはその言葉がどーゆー種類のものかがわかるんですね。

前回は動詞、動きを表す言葉を少しだけみました。

今回は名詞、ものですね。

「masculine noun」

ってく囲まれてますね。

「ま、マスキュリン、なうんん??」

マスキュリンてなんですのん。

じゃ、やってみますか、10回いうやつ。

あ、いらない?

気になるかた前の記事読んでみてください笑

 

raw.hatenablog.com

 

「マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン、マスキュリン」

 

「ん、マッスル?」

#bandai #shfiguarts #kinnikuman #warsman

そうなんですよ、「マッスル」

マッスル、つまり、筋肉!

男の美。

筋肉!

男の美!

 

もうええわ。

 

すみません、悪ふざけが過ぎました。

 

でも、筋肉ってのは男の特徴ですよね。

つまり、マスキュリン・ナウンっていうのは、男の名詞ってことなんですよ。

 

どういうこと?

 

これは、日本語や英語にはないものなんですけど、

あらゆるものが二種類に分けられているんですよ。

男か女か分けられている!

こんなノリで:

ヘブライ語

ドア

 

はーい、わかりますよ。

でも、こらえて。

大人なんだし。

もう少しの辛抱。。。

あ、だめ!!

 

 

ぬあんでやねん!!!!

 

理由なんざございやせん。

言葉ってそういうもんです。

人生ってそんなもんです。

受け入れましょう。

それでこそ家族。

僕にはわからないです、でも、そうだから。。。

 

でも、この男か女かわかるのが大事!

なぜなら、左に何がついてくるかが男か女で変わるからです。

 

男の場合

今さっき魚はヘブライ語でダーグってわかりましたね。

あと、マッスルであること。

つまり、男であること。

 

先ほどの例から見ると、

「כדגים」

とあって、

「ים」

 と左についてありましたね。

名詞が男性系で複数だったら、

「ים」

もしくは

 

「ם」

が左につくことが多いんです。

英語の語尾に~sや~esが複数形の場合つくのと似てますね。

 

読み方として

「イーム」

と読みます。

魚が「ダグ」だったので、

複数形は「ダギーム」になります。

 

これ、案外身近な聖書用語でもあるんですよ。

例えば「ケルビム」。

これは、「ケルブ」っていう天使の複数形ですね。

セラフィム」も同じです。

「セラフ」っていう天使の複数形です。

 

神は「エロヒーム」です。

なぜ唯一の神なのに複数形なのか?

また、前回で説明した通り、誰がその動作をしているかによって、ヘブライ語は動詞の活用が変わります。

この「エロヒーム」が主語の動詞は「エロヒーム」自体は複数形なのに、単数形の活用をされているんですね。

なぜだ。

なぜだ。

と、考え出してこのことを話しちゃうと、脱線しまくってしまうので、飛ばします。

でも、ヘブライ語が少しわかると、こんな質問と巡り会えちゃうんです^^

女の場合

さて、もし女だった場合ですけど、先に女性名詞の特徴を書きます。

 

1)最後に「ה」または「ת」がつくことが多い。

2)複数だったら(いっぱいなら)「ות」または「ת」がつくことが多い。

 

1)なんですけど、 「ה」が最後について女でない名詞はほぼないです。

唯一常用単語で使われていて「ה」が最後につく男の名詞は

「לילה」

だけです。

 ヘブライ語は右から左に読むので、最後に「ה」がついてますよね。

ちなみにライラって読みます。

「夜」っていう意味です。

「グッドナイト」、と同じノリで、「おやすみ」を

「ライラ・トーブ」

っていいます。

 

じゃ早速女性名詞を見て見ましょう。

詩篇79:6

「どうか、あなたを知らない国々に、御名を呼び求めない王国の上に、あなたの激しい憤りを注ぎ出してください。」

この王国を見て行きたいと思います。

f:id:banneroflove24:20171129055103p:plain

じゃ、ささっと行きますね。

英語で王国は「Kingdom」です。

時間かかっても大丈夫です。

まず、日本語の箇所と英語の箇所を比べて、日本語の王国がどれにあたるかをチェックしましょう。

そして、それが「kingdom」とわかったら、したのところで見つけましょう。

で囲ってあるやつですね。

すると、で囲っているやつがそれのヘブライ語の基本形です。

最後に「ה」がついてますね。

女性の可能性大です。

 

そしてそれを上の原文からみつける。

ピンクで囲っているやつです。

「ממלכות

ですね。

の基本形:

「ממלכה」

と比べると最後の「ה」がとれて「ות」がついています。

つまり、フローチャートで言う所の、「左」になんかついているパターンですね。

そして、英語チェックでしたね。

の囲いの中の「kingdoms」に~sがついています。

複数形ですね。

ではで囲んであるところを押してください。

f:id:banneroflove24:20171129060302p:plain

「Part of Speech」って書いているところを見てください。

「feminine noun」

ふぇ、ふぇみ。。。

よし!

ん、もういいって?

安心してください、僕もさすがに疲れて来たので、10回言いません。

「フェミニン・ナウン」って書いてますね。

これはフェミニストとかといっしょの言葉で、つまり、女性に関係する言葉です。

よって、この言葉は女性名詞ということがわかります。

 

それがわかったところで、もう一度前の画面に戻って、

f:id:banneroflove24:20171129055103p:plain

の基本形が

「ממלכה」

原文のピンクでは

「ממלכות

 

となっていたこと思い出してください。

そして、最後の「ה」がとれて「ות」がついていることにまた注目してください。

 

女性の複数形になると、もし最後に「ה」がついていた場合、それがとれて「ות」がつくことが多いです。

ヘブライ語で重要なことなんですけど、「ה」は取れやすいです。

だから、基本形で「ה」があるのに、上の原文では活用されていて、「ה」がないことがよくあります。

これは、名詞だけじゃなくて動詞にも言えることです。

なんで?

う〜ん、多分なんですけど、「ה」って日本語で言う伸ばし棒みたいな感じなんですよ。

あー。

とかの「ー」。

単語の最後について、それを伸ばす。

たとえばさっきの王国、前回やったみたいに、発音聞いて見てください。

「あsdふぁうぇ、マムラハー、マムラハー」

って聞こえると思います。

ה」はこのマムラハーの、「ー」の部分を担っているんですね。

だから、そのあとに言葉が続いたりすると、音的に消えちゃう。

だから、字的にも消えちゃうようになったという説。

 

たぶん笑

 

もし最後に「ת」がついていた場合そのまま「ות」がつくことが多いです。

めちゃくちゃ素早く、もう一個例を見ましょう。

1列王記の6:31

彼は内堂の入口を、オリーブ材のとびらと五角形の戸口の柱で作った。

このとびらは実はたくさんのとびらなんですね。

f:id:banneroflove24:20171129061320p:plain

前と同じことをして、

の基本形が

「דלת」

原文のピンクでは

「דלתות

となっています。

最後に「ת」がついていた場合そのまま「ות」がつくことが多いってことですね。

もう一回同じまとめを書きます。

 

1)基本形は最後に「ה」または「ת」がつくことが多い。

2)複数だったら(いっぱいなら)「ות」または「ת」がつくことが多い。

 

そして:

3)基本形の最後に「ה」がついていた場合、それがとれて「ות」がつくことが多い。

4)基本形の最後に「ת」がついていた場合そのまま「ות」がつくことが多い。

例外

しかし、例外も多いので、それも見ていきましょう!

 

じゃ、詩篇の25:10を見ましょう。

「主の小道はみな恵みと、まことである。その契約とそのさとしを守る者には。」

この小道をチェックしましょう。

f:id:banneroflove24:20170914190113p:plain

これですね。

英語で、「paths」と書いてますね。

 

この「paths」

「s」がついているので、複数形の可能性が高いです。

原文を見る前に、男性名詞か女性名詞かチェックしましょう。

f:id:banneroflove24:20170914190439p:plain

マッスル!

男ですね。

つまり、複数形なら

「イーム」

「ים」

がつくはず!

 

じゃ、原文チェックしましょう。

f:id:banneroflove24:20170914190817p:plain

ありましたね!

ん?

左についてますね〜〜〜

ארחות」

の左やから

「ות」

 

ウェア・イズ

「ים」(イーム)

!?

 

これが、くせもの!

たまに、男性の名詞やのに、

「イーム」ではなく、

この

「ות」

がつきます。

 

#2972 folding fan (なんでやねん!?)

 

言語ってそいうもんなんです。。。。

受け入れてあげてください。

 

つまり、複数形の疑いのあるやつとりあえず全部、校庭10周。

ではなく、

「ים」または「ם」

「ות」または「ת」

が左についているかチェック!

 

 ほへ〜〜〜

お疲れさんです。

名詞の複数形終わりました!

次の回は右のパターンでなく、左のパターン、所有形に行きたいと思います。

 

 

 

 

新しい「生活」

こんにちは、マサです〜

コーヒーのんじゃって、全然寝付けないので、

久々に更新してやろうと思いました。

 

いや〜やっぱりブログをずっと書いてないと、

いろんなことが起こるもんでして。

そーいえば、マサはどうなっているんだ。

てか、そもそもイスラエルにまだいるのか?

 

そーですよね。

そーなります。

マサはイスラエルにいます。

あと、2年大学院行っちゃうことにしました〜

 

そよかぜ〜〜

 

って、おい!

 

結構なトランジションやん!

 

 

 

一ヶ月くらい前のマサ:

「???」

 

いやいやいやいや

 

一ヶ月くらい前のマサ:

「えー、だって内部進学だし、なんも変わんないよ〜」

 

今のマサ:

「おめゃあはほんと、後先考えとらんの〜〜〜。

いいか、よく聞け。

まず、新しい人間関係!全部一から作り直し!」

 

一ヶ月くらい前のマサ:

「うん。」

 

今のマサ:

「あと、院なんだから、勉強のレベルが格段に上がるの!」

 

一ヶ月くらい前のマサ:

「え、そうなんだ〜」

 

今のマサ:

「てか、そもそも、お前ヘブライ語で授業受講するんだぞ!」

 

一ヶ月くらい前のマサ:

「まー、でも、なんとかなるっしょ〜」

 

今のマサ:

「。。。」

「いいや、お前に今何言ってもわからんやろ。。。

一ヶ月たちゃわかる。

せいぜい頑張れや。」

 

 

 

 

一ヶ月後。。。

 

 

 

 

 

ひゃあああああああああ!

 

となったいきさつを今回書いていきたいと思います。

 

まずは、今回のタイトル、

「新しい『生活』」

なんですが、

海外の方って漢字好きじゃないですか。

 

 

イスラエルも例外でなく、

先週なんて

箱根

とただただ書いてあるシャツをきている人がいたりするんですね。

 

で、その中でもお気に入りが、

生活

とただただ書いてあるシャツをきていた人がいたんです。

 

多分、英語の

LIFE(人生)を直接訳しちゃってそうなったんだと思うんですが、

めっちゃ庶民感溢れるシャツでした。

 

今回はものすごい濃い二ヶ月ほどの休みをいただきまして、

様々な人との出会い、

新しいビジョンを受け取りました。

 

そして、

新しい人生=新しい生活

ということで、

新しい生活の幕開けを綴っていきます。

 

さて、この4年間の寮の構成:

1年目:インド人、中国人、ユダヤ人、ヨルダン人、日本人

2年目:インド人、中国人、日本人

3年目:中国人、エチオピア人、ドイツ人、日本人

4年目:インド人、中国人、日本人

だったわけです。

コンスタントに中国人がおられますね。

あと、インド人もほぼずっと一緒に住んでました。

彼らとの楽しい時間のこともいつか書こうと思います。

 

さて、きになる5年目の構成

ジャジャン

 

5年目:インド人、中国人、アラブ人、ボスニア人、日本人

やはり中国人はつねにいます。

 

しかし、ボスニア人。

初めて会いました。

ボスニア人。

なんか歴史で聞いたことがあるような。。。

まだ、あんまり情報を聞き出せていません。

 

ま、こんな感じの寮です。

でも、これまでの寮との一番の違いは、

みんなが「大人」なんですね。

これまでは学部生だったので、

夜遅くまでおきてたり、

部屋がめちゃくちゃ、

もうめちゃくちゃ汚かったりして、

きつかったんですが、

今回は大人で、

ちゃんとみんな掃除してくれるんですね〜

 

感動

 

そいて、

今回学校から奨学金をいただけることになりまして、

少しではありますが、お給料的なものをもらえるようになりました。

神様感謝。

 

で、これまで、やはり、親の仕送りでいきてきたわけですから、

極力節約しようという思いで、

必要最低限のものだけを買ってきてました。

 

でも、お客さんとかきたら、

良いものでもてなしたいな〜

とか思ったりして、

今回近くのIKEAまで

大買い物

いってきました〜〜

 

で、もう、めっちゃ大満足!

IKEA最高やん。。。

 

じゃ、ちょっと買ったもの紹介しますね〜

 

マットレス

f:id:banneroflove24:20171105091420p:plain

この真ん中のやつ買ったんですけど、

みてください、この部屋への

フィット感

僕の心のたりないピースを埋めてくれた、

あなたのようなマットレス

 

もう

 

一人でにやにやしてました。

神様はいや、なんて素晴らしいんだ、これ。

机のしたのバスマットもめっちゃ安くて、

全部で、3000円もしませんでした!

 

やっぱ海外は土足文化じゃないですか。

裸足で歩き回れるこの

開放感

我は日本人なり。

 

次。

 

シャカシャカするティーポット

f:id:banneroflove24:20171105092034p:plain

あ、指入っちゃった。。。

それはさておき、

これが、

 

もう

 

いやああああ、

いいんですよ〜〜〜

シャカシャカするから、茶っぱを最大限に使ってくれる。

なんか、これまでは個人用の小さいティーポットはあったんですけど、

お客さん来た時とか、困ってたんですよね〜

お安くIKEAに売っておりました!

 

はい、次〜

 

布団

f:id:banneroflove24:20171105092629p:plain

いや、これあったかいんですよ。

今までは、薄いやつを3枚くらい重ねて、冬を越して来たのですが、

これあったかいんですよ〜〜

ぐっすり眠れる感半端ない。

 

色はあんまり好きじゃないんですが、

一番安かったので。

確か2700円くらいです。

 

そして最後。

 

包丁

 

やっぱりこっちに来てから、

自分で料理することが多くなって、

包丁の切れ味の大事さがわかって来たんですよね〜

 

めっちゃキレそうな包丁がIKEAにあったので買っちゃいました。

で、早速親子丼を作ってやろうと、

肉を切ってみると。。。

 

あれま。

 

すいすい切れるでないの。

 

あ、ほれ、

 

ほれ、ほれ、ほれ〜〜〜

 

 

 

スパッ

 

 

ん?

 

ひゃあああああああああ!

 

指めっちゃきっちゃいました。

血がトクトクと湧き出て、

とまる感じがしない。

 

一応応急処置:

ティッシュで圧力かけて一応止血。

心臓より上に手をあげる。

ボスニア人に声をかける。

ボスニア人がティッシュより布の方が良いと言われ、シャツで止血。

 

病院に電話することにする。

貧血が襲って来て、めまい。

 

ちょっとやばいかな〜

と思う。

 

タクシー呼ぶ。

迷ったけど、親しい韓国人の人に連絡。

なんかタクシーこない。。。

 

なんとか、タクシーくる。

タクシーの運転手さんめっちゃ話しかけてくる。

「日本はいいよ。移民を受け取らない!」

「君はどう思う、日本は核を持つべきだとは思わないか?」

「病院に見舞いに行くのか?ん?君が患者なのか?」

 

そんな会話の中、3年前に足首を骨折して、

同じ病院にタクシーで運ばれていたことを思い出したりしていた。

あの時も、アドレナリンめっちゃでて、

僕が張り切ってて、

僕に付き添って来てくれた友人の方が患者だと思われてた。。。

 

愛想笑いがいけないのか?

 

ふと思う。

 

なんとか病院に着き、すぐ応急処置をしてもらう。

そこの救急科に3年前もお世話になった。

その時は、骨折していたのにもかかわらず、

2時間も待たされていたことを思いだした。

その時、

「なんで2時間も待ってたの!」

と看護婦の人に怒られた。

「え、だって、待ってて、言われたもん。。。」

「こんな状態だったら、まず、誰に止められようとも駆け込んで来なさいよ!」

「え、は、うん、はい。。。。」

 

今回は書類も待たずに、応急処置室に駆け込んで、

あ、なんか、3年前とはやはり違うんだな〜って思わされた。

イスラエルが少しわかるようになって来たんだな〜って。

 

親しい韓国人のクリスチャンが駆けつけてくれる。

教会終わった後で、家族もいて絶対疲れてるけど、駆けつけてくれる。

以前だったら、悪いって思って、電話しなかった。

でも、神様がこんな家族みたいに信頼できる人を、

何千キロ離れ、このイスラエルにも用意してくれてたんだな〜

ドクターの診断を待っている間にもいろんな話ができた。

 

何か新しいことをイスラエルでやりたい。

でも、一人じゃできないし、一人でやっちゃダメ。

神様はいっつも一緒に歩むべき人をくださる。

最初はこんな人と一緒に何かできるはずがない!

って思うような人も。

この韓国人の人も、最初はこんなに親しくなるなんて思いもしなかった。

でも、神様がくださった人を、大事にして行く時、

教会を大事にする時、

一人ではできなかったことができるようになる。

 

ドクターに呼ばれる。

応急処置の包帯がかなりぐるぐる巻きなのを見て、

やばいかもと判断したドクターは、

針縫い室へ。

 

包帯をとく。

もう血が止まっていた。

「なんだ、そんなにひどくないじゃないか。

縫わなくていいし、一週間もすれば治るよ。」

 

いやああああ、

感謝^^

縫うのは嫌だった〜

 

一応感染とかないように、

ワクチンうった。

一番嫌だったのが消毒液。。。

 

しみるぅううう。

でも、よかった〜

ヤクザにならなくて。。。

 

保険が全部カバーしてくれて、

治療費もタダ^^

韓国人の人とご飯を食べにいって、

次の日もう一人の友達にご飯を作ってもらった。

 

 

3年前の大怪我を彷彿させられる体験。

でも、3年前とは全然違う場所に立っている。

そんな新しい「生活」でした。

 

 

聖書をヘブライ語で読んでみよ!<イントロ編>

お久しぶりです〜〜

マサです〜

みなさんお元気ですか?

マサは元気です^^

イスラエルから一時帰国していて、

2年ぶりくらいの休暇を楽しませてもらっています!

いや〜〜〜

いいっすね〜

休暇

 

で、今回、この休暇の中で「ヘブライ語」を使う機会がとてもいっぱいあったんですね。

「どんな機会や」

と思われるかもしれませんが、

イスラエルと日本が若者の間で繋がってたり、

日本の中で聖書を原語で読もうとしている人たちがいるんだ!

というような感動と力をもらっちゃったので、

書いちゃいます。

この前の「Jesus Trail」のシリーズ終わってないのに、

新しいシリーズ書いちゃいます。

 

では行ってみよ〜!

「聖書をヘブライ語で読んでみよ!」

 

あ、ちなみにこれ目次です。

押したら、そこに飛ぶはず〜

 

 

  • はじめに

 

ま、そのまま聖書をヘブライ語で読んでみよってことなんですが、

今回は

「もーマッタク、ヘブライ語知らん」

でも、

「やっぱり、聖書をヘブライ語で読んで見たいんや!」

というそこのあなた!

 

アルファベットを知っていた方が少しばかり得ですが

(またそのセッションも書こうと思います〜)、

文法も何も知らなくても、

ある程度、ヘブライ語で聖書を分析することができるようになる!

 

「え〜本当に〜」

と思われる方は、

前のブログ

 

raw.hatenablog.com

を読んで、ヘブライ語と仲良くなってください〜

そう、古代語だからもう無理!とかではないんですよね〜

結構入りやすい言語だと思います。

あと、やっぱ聖書研究って歴史を通してされてきてるので、

英語ですがそういうサイトがあるんですね!

今回は「Blue Letter Bible」という英語サイトを使って説明します

(英語知らないでも使えます^^)。

 

Blue Letter Bible

これがリンクですね

Bible Search and Study Tools - Blue Letter Bible

 

コンピュータで開くとこんな感じです〜

f:id:banneroflove24:20170825125957p:plain

で、ここって書いてあるとこを見てください。

 

 

f:id:banneroflove24:20170825133650p:plain

このQUICKNAVってところを押してください。

 

すると、こんなんが出てきます

 

f:id:banneroflove24:20170825134217p:plain

オレンジ色のんが旧約聖書で、緑色が新約聖書の書ですね〜

旧約聖書ヘブライ語新約聖書ギリシャ語で書かれているので、

今回ヘブライ語で勉強するにあたって、旧約聖書をメインで見ることになります。

ただ、このブログで書いてあることをマスターしたら、

ぼくみたいにギリシャ語全く知らなくても、

ある程度、新約聖書も調べることができます。

 

じゃ、今回は創世記1章1節を見て見ましょう〜

英語で創世記はGenesisですね。

略するとGenなので上の写真のようにGenをポチッとな。

 

少しパッと出てくるには慣れが必要ですが、

わからない人は以下のサイトを見て見てください。

聖書書名略記 - *聖書66巻の書名、英語略記一覧

 

 

f:id:banneroflove24:20170825135235p:plain

さて、ポチッとすると、数字がいっぱい出てきます。

これが章ですね。

創世記1章1節を見たいので、

1章をポチッとしてください。

 

f:id:banneroflove24:20170825135742p:plain

するとこんなんにきます。

僕たちが見たいのは創世記1章1節なので

Gen 1:1って書いてあるところに注目します。

f:id:banneroflove24:20170825135942p:plain

ここですね。

 

f:id:banneroflove24:20170825142213p:plain

ほんで、このTOOLSってとこ押しちゃってください〜

 

f:id:banneroflove24:20170825142714p:plain

するとこんなん出てきちゃいますね〜

こっからが本番!

 

本番

じゃ、なんか色々ありますよね〜

f:id:banneroflove24:20170825144604p:plain

さて、この赤いので囲まれてるやつが原文です。

恐るな

見たこともない文字がうごめいていると思うんですが、

これを今から紐解いてやろうと思います。

 

まず最初に見比べ〜

 

じゃ、お手元の日本語の聖書を開いてください〜

創世記1章1節

「初めに、神が天と地を創造した。」

 

英語では、上の方で

f:id:banneroflove24:20170825145040p:plain

Gen 1:1 In the beginning God created the heaven and the earth.

ってなってます。

 

f:id:banneroflove24:20170825145236p:plain

この英語が原語に従って分解されたのが、この赤いやつです。

じゃ、これ一個一個見比べて行きましょう。

 

もう一回日本語と英語で載せときますね。

 

「初めに、神が天と地を創造した。」

 

In the beginning God created the heaven and the earth.

 

例えば、最初のIn the beginning 

f:id:banneroflove24:20170825145753p:plain

これですね、これ。

は日本語でいうと、

「初めに」

ですね。

 

ぬああああ。

英語わからへんん!!!

ってなってる方。

安心してください、

21世紀ですから。

 

辞書モードがあるんです!

Macなら三本指でポチッとな。

iPhoneとか携帯系なら長押しで、検索。

他のコンピュータなら、右クリックでなんか出てくると思います(無責任)。

 

じゃ、上から三番目の

「created」

を検索しちゃいましょう〜

f:id:banneroflove24:20170825150355p:plain

すると「create」

創造するって出てきますよね〜

あ、じゃ、ここは

「創造した」

に当たる単語はcreatedなんだ〜ってわかりますね。

 

ん?

まてよ。

なんで、「created」って検索して「create」で出てくるんだ!?

 

ん〜〜

ナナフシ。。。。

(大丈夫です。たまに関係ないこと言います^^)

 

これはどんな言語でもあるんですが、基本の形ってのがあるんですね。

簡単に言えば辞書に載っている形です。

 

例えば日本で「食べる」という言葉を辞書で引きたい時、

「食べた」とは載ってませんよね。

「食べる」と載っています。

つまり、今している行動、現在形が基本となっているんです。

 

じゃ、英語ではどうでしょう。

さっきの「created」を探そうとした時、

「create」が辞書で出てきましたよね。

「created」は創造したので、昔起こったことですよね。

これは過去形です。

英語でも現在起こっていることが基本になるので、「create」が基本です。

 

でも、英語はもう少し複雑です。

誰がそれをしたのかによって変わっちゃうんですよね。

 

例えば

彼らはロボットを造る。

They create a robot. 

ここで、造るのcreateは基本だってことがわかりますね。

誰が造ったのかと聞かれたら、「彼ら」ですね。

 

では、これではどうでしょう。

彼女はロボットを造る。

She creates a robot. 

あ、最後にsがついちゃいましたね。

今造っているのに、「彼女」が造っている場合、基本でなくなっちゃうんですね。

 

つまり英語では

「彼らが今している状態」

が基本なんです。

だから、created(昔したこと)を調べた時、

create(彼らが今している)が出てきたんですね。

 

この基本の形はヘブライ語にもあります。

ヘブライ語では

「彼がした状態」

難しく言えば、

 

3人称単数完了形

が基本です。

 

言って見たかっただけ。

 

で、この基本の形を丁寧に書いてくれているのが、

このBlue Letter Bible(以降BLB)なんですね〜。

 

さっきのを見ますと:

f:id:banneroflove24:20170825153913p:plain

 

で囲まれているRoot Form (Hebrew)ってのがありますよね。

これはつまり、で囲まれているやつはヘブライ語の基本形で、

(厳密にゆーと動詞の場合は基本形ではなく、語根なのですが、この語根ってのはある動詞のグループの基本形の場合が多いんです。次の動詞編で説明するので、今はそんな感じか〜程度で受け取ってください〜)。

で囲まれている英語の単語に当てはまるよ〜ってことです。

 

日本語でいうと、

このい部分はこんな風になります。

 

初め

創造する

 

なんとなく、意味は通じますよね^^

だから、これからの説明なくても、ある程度、ヘブライ語の単語のこのリストだけでも、

なんとなくわかるんですよ。

 

だけど、基本の形だけでは人間さびしいんです。

愛する人にこの思い伝えたいじゃないですか!

 

「あなた、こと、愛する。世界、終わり、いつまでも、あなた、こと、思う、続ける。」

デートが大なしになってしまいます。

 

それではなく、

「あなたのことを愛しているよ!世界が終わろうとも、いつまでも、あなたのことを思い続ける。」

 

あ〜〜〜〜

ハート、ゲットです^^

 

誰かが言いました。

「聖書をヘブライ語で読まないのは、まるで、愛している人をハンカチを通して口づけするようなものだ。」

 

これを通して、もう聖書をヘブライ語で完璧に読めるとかにはなりません。

だから、どうしてもわからないこととか出てきちゃうと思います。

そーゆーときは、もう、飛ばしちゃってください^^

言語の鉄則は「適当であること」(多分)。

 

でも、基本の形がどのようにして変わっているのかということが、わかるようになっていきます。

だから、ちょっと楽しくなってきちゃうんですよね笑

勉強で楽しくなるって大事です^^

 

さて、今回はイントロ編なので、こんなところにしておきたいのですが、

終わる前にもう1ステップ進みたいと思います。

f:id:banneroflove24:20170828123003p:plain

この「created」の右にH1254って書いてあるとこを、

ポチッとなとしてください。

 

f:id:banneroflove24:20170828123856p:plain

 

するとこんなところに出ますね。

これは「created」つまり「創造した」というヘブライ語の単語を詳しく説明したものです。

上に

ברא

って書いてありますよね。

これがその言葉です。

さて、これどうやって読むんだ?となってきます。

 

f:id:banneroflove24:20170828123830p:plain

そんなときは、このなんか音が出そうなマークを押しちゃいます。

すると

「fじゃ;しエアsんふぇ;s 〜バラー!   バラー!

 って聞こえますね。

なんちゃらなんちゃら、バラー、バラー!って聞こえます。

この最後のがその発音ってことですね。

つまり、ヘブライ語で「創造した」は「バラー」って発音します。

 

そのほかにも、気になる機能満載なんですが、

今回はこちらに注目してみましょう。

f:id:banneroflove24:20170828124757p:plain

はい、この「Part of Speech」ってところです。

その下に「verb」って書いてありますよね。

 

ぬあんやこれ!

という前に、

21世紀ですから、

f:id:banneroflove24:20170828125100p:plain

動詞って書いてありますね!

そう、「verb」は動詞です。

つまり、何かしているってことですね。

このヘブライ語の「バラー」は創造をする、動きを表す言葉なので、動詞です。

 

少し勉強チックになってきましたが、

この「Part of Speech」っていうのは「品詞」っていうものです。

難しく考えないで、

つまりその言葉は、

「どうゆー感じのものか?」

ということを種類わけするものです。

 

例えば

「青い天を創造する。」

をみたら、天というものがあって、

それはどういう天だったかというと、青かった。

そして、それをどうしたのかというと創造したってことですね。

 

「創造する」

はなにかしている、動いている状態なので、

動詞。英語では「verb」。

 

「天」

はものなので、

名詞。英語では「noun」

 

「青い」

はものを説明するので、

形容詞。英語では「adjective」

 

ま、他にもありますが、だいたいこんな感じです。

 

で、この言葉の種類が違うと、「活用」ってのが変わってきます。

「活用」っていうのは「基本」ではないっていうことですね。

「create」を活用したら、「created」になっちゃう。

日本語ではないけど、英語は二つ以上のものがあったら、最後にsがつくなど、

この「活用」が変わってきちゃうんですね。

 

なので、次回は「動詞」だけをして、どんな風に活用されるのかっていうのをみていきます〜〜

 

じゃ、今日はこんな感じで^^

 

 

Jesus Trail -その2-

焦らず急がず、風の吹くまま、

イスラエルのようにブログを更新していきたいマサです。

 

さて前回の記事:

 

raw.hatenablog.com

 の続きを書こうと思い、今日奮い立ったのです。

 

マサは奮い立った。

奮い立ったマサ。

奮い立たされたマサ。

風呂に入りたいマサ。

温泉はやはりいいと思うマサ。

温泉卵よりも半熟卵なマサ。

こちらでは半熟卵安全なのかな〜と思いつつも、半熟卵を味付け卵にしようとするマサ。

 

そんなマサが紹介する「Jesus Trail-その2-」。

じゃ、いってみよ〜〜!

 

この前はカナ(Cana)に入る手前で終わったので、そこから紹介!

 

カナ

正式名称クファル・カナ(Kfar Kanna, もしくは Kfar Cana)

クファルとはアラビヤ語やヘブライ語で「村」。

つまりカナ村ってこと〜

 

「カナって、え、あの、カナ!?」

となっている人はクリスチャンか、

聖書を結構知ってる人です^^

 

イェス様の最初の奇跡の場所!

ワインが足りなくなった結婚式で水をワインに変えるという、

粋な奇跡

 

僕も最初の奇跡はそんな感じでしたいです!

水を三ツ矢サイダーに変えるほどの信仰。

目指します!

 

 

 

そう、そうなんです。

ここがいにしえから伝えられてきた

血統書付きのカナ

 

母方のカナもカナで、父方のカナもカナという、

正統派。

 

 

 

じゃないんですね〜〜〜

 

楽しんでます。

 

そうここは何を隠そう、

「偽カナ」

さらに言うなれば

「詐欺カナ」

 

どういうことかと言いますと、

昔の巡礼の人とかって遠いとこからはるばる徒歩でくるじゃないですか。

徒歩でですよ!

TOHO!

なんか映画みたいなっちゃった。

 

疲れてるんですよね。

それで、都合のいいところに巡礼先があったら楽じゃないですか。

えーと、ナザレから近いし、

あ、んじゃ、ここ、カナ!

みたいなノリでここが詐欺カナとなったわけですね。

 

僕もそれでいいです!

もう、騙されます。

ここまで歩いたんだし、

もうカナやん、これ。

 

 

4世紀くらいから巡礼者が来ていたみたいで、

その人たちも満足していたに違いない。

 

いちゃもんつけると、

ヨハネ2:6に水がめの水をワインに変えたと書いてあるので、

水を貯める必要があった。

つまり水を手に入れにくかった場所ってことになりますよね。

ここ結構ちゃんと水が手に入るんですよね。

有力な候補はもうちょっと北のほうのKhirbet Canaってとこです〜

 

さてカナの地図を:

f:id:banneroflove24:20170513015407p:plain

カナはジーザス・トレイル・マーク気にせずに、

「ここ」となっているフランシスコ派修道会(カトリック)のほうの婚礼教会目指してください。

 

もう一つギリシャ正教会があるので、そちらの教会ではないほうです〜

 

そこからまたマークが出てくるので、

それに従うと、カナから次の拠点へ向かうことになります。

4日間コースの人はカナで宿を探すのが良いでしょう〜

 

 

f:id:banneroflove24:20170518010701j:plainこれがそのカトリック教会。

 

地下に行くと。。。

f:id:banneroflove24:20170514231738j:plain

当時の水がめとよく似た水がめが展示されてます。

これは容量20−30Lくらいですが、

ヨハネでは80−120Lと書いてあるので、

これよりさらにでかいのが6つあったことになります。

 

想像力が掻き立てられますね!

もう、まるでカナの婚礼の宴会にいるような錯覚にとらわれます。

いや、とらわれないか。

 

ま、でも、カナにいった感、6%アップ^^

 

ファイナルファンタジーには

ボーション

なる

ポーションが存在するらしいですが、

HP1しか回復しない上、うっても10ギル。。。

ポーションと間違って、瀕死状態で使い、死ぬ。。。

恐ろしいカナ。

 

こんな恐ろしいカナにはもう一つ決して忘れてはいけないことがあります。

それは

買い出し

買い出し、買い出し、買い出し、買い出し、買い出し、買い出し!

何度でも言います。

買い出し!

 

ジーザス・トレイルにてカナは最後に等しい、

お店のある町!

ここで食料確保しなければ、

餓死間違いなし。

 

僕の最初のジーザス・トレイルは他人に任せきりだったので、

食料もちょくちょく確保できるだろう〜

という

甘い考え

で挑んだ結果、

リアル・ファイナルファンタジー

本当に食料なしで次の日20km歩くという、

もうなんかそこらへんの牛が、

ステーキの原材料にしか見えてこない地点。

多分そこは海と空が出会うところ。

 

 

これがその次の日の写真です。

f:id:banneroflove24:20170518013116j:plain

行き倒れの人って見たことあります?

豊かな日本では見慣れた光景ではないですが、

この日、僕は自分を含めた三人が行き倒れているのを見かけました。

 

もう二人はなぜか元気がありあまってて、

ある観光名所に行きたいといったので。

 

「行きなさい。あなたがたを引き止めるものは何もない。」

 

といって僕たちはここで休んでいたのですが、

神様助けて、と心のそこから思ったのでした。

 

するとその二人が嬉しそうに何かを持って戻ってくるではないですか!

「そこにコンビニみたいのがあったから買ってきたよ!」

そう満面の笑顔で渡された袋の中には

 

アイスクリーム

 

普通喜びますよね。

結構暑かったし。

でも、デザートっていうのは贅沢なものなんだとその時気付かされました。

 

考えてみてください。

明日死ぬってわかってるのに、ダイアモンド渡されても、

それを鑑賞する余裕なんて残ってないんですよ!

 

今必要なのは

肉!

タンパク質!

炭水化物!

フルーツでもいい!

野菜でもいいんや!

food3

デザートはいらんのや〜!

何が臥龍点睛や。。。

キャップストーンはいらん!

(注キャップストーン、もしくはピラミディオンとはピラミッドの最上部。食物ピラミッドでいうデザート。北斗の拳でいうシュウが運んだ聖碑。)

 

本当の食べ物が食べたい!

(でも、アイス食べました)

 

で、今回はその失敗から学んで、

フルーツ少々、ピタパン10枚カナで買いました。

今回はあらかじめ、餓死する危険があることを知っていたので、

キャンプの携帯食品をTに頼んで持ってきてもらってました。

 

教訓:人は食べ物がないと死ぬ。

 

要するにカナで重要なのは、

目印となる教会を見つけて、

食べ物を買うこと。

 

それにつきます。

 

カナー>ラビ・フォーレスト

さてカナの次なんですが。。。

ここがジーザス・トレイルの最難関!

f:id:banneroflove24:20170518022223p:plain

カナを出るのはそんなに難しくありません。

教会からちゃんとマークが付いているので。

問題は出てから。。。

 

ガイドブックにはこんな感じに歩けと書いてあるのですが、

マークがほとんどない。

あと、2、3日コースの人はもし早朝に出発しなかったら、

ここらへんで日が暮れかかるので、余計わかりにくい。

前回含め今回もとうとう、ちゃんとしたルートがわかりませんでした。

 

ただ、この77番の高速道路が結構でかくて、

どこからでも見えるので、

もし迷ったら、その道路まで突き当たって、

「ここ」となっている、

ラビ・フォーレスト(Lavi Forest)を目指してください!

 

この道を歩いて行くと〜

f:id:banneroflove24:20170525004048j:plain

お!

これは聖書に登場する岩だぬきでないかと言われているやつです。

詩篇104:18b「岩は岩だぬきの隠れ場。」

 

正式名称ハイラックス。

絶対岩だぬきよりもハイラックスの方がかっこいい。。。

「岩はハイラックスの隠れ場。。。」

なんか少しセレブな感じ。

温泉のCMみたいな。

 

ドラえもんの気持ちがわかりますね〜

僕は岩だぬきじゃないんだ、ハイラックスなんだ!

 

さて、このあと、道を本格的に見失い、

仕方がなく、77番道路を目指す。

 ぶおおおおおんん!!!!!

 

ぬわんやこれわぁああ!

ちゃうねん!

なんかちゃうねん!

これはカントリーロードやあらへん!

コンクリートロードや!

(焼きたてジャパン河内風に)。

 

歌:本名陽子

作詞:BILL DANOFF

作曲:JOHN DENVER

"コンクリート・ロード
どこまでも 森をきり、谷をうめ
エスト東京 マウント多摩
ふるさとは コンクリート・ロード"

 

「おまえさ、コンクリート・ロードはやめた方がいいと思うぜ。」

 

わかってる、わかってるんだ!

でも、道がわからないんだ!

 

ジーザスが歩いていない、コンクリートロードを歩くのでした。

 

f:id:banneroflove24:20170523231624p:plain

f:id:banneroflove24:20170523231648p:plain

そんなコンクリートロードの横に:

巨大コンクリートを積んだトラックが!

列になって駐車。

僕の専門が一応土木なので、少し説明。

これは車道用のコンクリートの橋の一部です(多分)。

めっちゃ重いので、トラックがゆっくり走らないとだめ。

あと、カーブ切る時とかもめっちゃ大変。

なので、深夜交通量が少なくなる時を待ってるんですね〜

 

このあとずっと心配になるくらいコンクリートロードをひたすら交差点くるまで歩いていきます。

f:id:banneroflove24:20170523232110p:plain

 

 そして、ここにキャンプ場があるはずなのですが、

ガイドブックが微妙で、しかも照明がほとんどないので、

わからない涙 

 

駐車場にいるおじさんに聞いても

わからない 

 

にゃん、にゃん、にゃにゃ〜ン!

 

(でも、水はくれます。優しいおじさん。)

 

だから通りすがりの車の人に聞いてみたんだ。

「キャンプ場だって?あ〜ここもう少し行ったらあるぜ。」

 

歩くこと30分。

その近いって車の近いやね。。。

 

そして真っ暗闇の21:00、

山の頂上的なところに着く。

確かに、なんかキャンプ場らしきとこがある。

でも、なんか柵がある。。。

警備の人に聞いてみる。

予約制のキャンプ場らしい。

いや、でも、お金払わないって書いてたし。。。

 

いやな予感はしてたが、

違うキャンプ場

暗闇の中、30分歩いてもつかないことに違和感を感じたら、

即引き返しましょう。

多分そこは違うキャンプ場です。

 

前回も暗くなってからここにたどり着いたので、

結局見つからず、そこらへんでテント張って寝ました。

 

ピンポイントで地図でどこだと示せないのが、口惜しいのですが、

ここをアタックする戦略として、

まずこの森のふもと的なところで、次の標識を探してみる。

f:id:banneroflove24:20170523233758p:plain

この看板のところにオレンジで

「↑JT

って書いてますよね。

これ書いた人の思いが伝わってくるかのような筆圧で、

「おらたちもここまで歩いたんだ!

でも、なんも書いとらんから、わからんだ!

これ見たら、ふつう右いくべ!

右行ったら、頂上ついたべ!

仕方なくそこらへんで寝とったら、

ここやないか!」

 

これがJesus Trailや!と言わんばかりの、

この文字に気づけなかった。

 

 

いや〜〜次こそは!

 

さて、仕方なくテントをはった僕たちですが、

2年前のキャンプの時は男4人、女1人で、

そんなに外も寒くないように思われたので、

テントを女の子に譲って、

4人の台湾人、日本人、中国人、アメリカ人の英国紳士達は外で焚き火を囲って寝たのでした。

 

すると、ま〜、まさかこの日とは思いませんやん。

笑い

もう、涙通り越しての笑い。

まだこの時期はちょうど雨季と乾季の間くらいなので、

雨降ります。

 

幸か不幸かポツポツ雨。

濡れることはそんなに気にならないが、

顔に水がかかるので、

ねられない。

 

じゃ、どうする!?

用意周到な僕はカバンから傘を取り出したのでした。

f:id:banneroflove24:20170523235115j:plain

この寝袋の濡れ具合からわかるように、

一晩中まあまあいい降水量だったようでした。

かなりきついな〜と思っていましたが、

4、5回起きただけで、それなりに寝られました。

 

結論

なんとかなる

 

アメリカ人の子は寝袋でなく、

毛布

を持ってくるという。

まさに地獄図。

 

じっとじとの、べっとべとでした。

その子達に比べて僕はよく寝られたみたいです。

 

僕は気づかなかったですけど、

野良犬とかも歩き回ってたみたいです笑!

 

今回はTに頼んでちゃんとしたテントの一式を持ってきてもらいました。

ただ、今回はかなり夜が冷えて、

寝袋は厚めのお勧めします〜

 

ここが本来のキャンプ場:

f:id:banneroflove24:20170524000314p:plain

水道とトイレがちゃんとあります〜

f:id:banneroflove24:20170524000336p:plain

ここでテント張るはずだった!

 

うむ、そんな感じです。

次!

 

ラビ・フォーレストからヒッティーンの角まで:

f:id:banneroflove24:20170524002131p:plain

 

ここもなかなか難しい!!

記念碑って書いてあるあたりまではマークがちゃんとついてあるので大丈夫なのですが、そこからが。。。

結構道なき道となってくるので、

もう、方角で行った方がいい気がします。

北東

敵は2時の方向!

なんかフェンスにぶち当たると思うので、

フェンス沿いに、この方角目指してください〜

もしくは。。。

f:id:banneroflove24:20170601001600p:plain

この地図の青い線に従ってください。

ゴスペル・トレイルっていって、少し違うトレイルなんですが、

目的地のヒッティーンの角(地図ではHattin)までは一緒なので、

こっちでも大丈夫です。

初めて行った時はこっちに従って行きました^^

f:id:banneroflove24:20170601002346j:plain

最初らへんはこんな大麦畑です^^

進んでいくと。。。

f:id:banneroflove24:20170601003147p:plain

こんなんに出ます。

これ葉っぱよく見ると、めっちゃ

ChikuChiku & IgaIga

なんかのブランドみたい。。。

そうめっちゃちくちくの葉っぱなんですよ。

しかも。。。

f:id:banneroflove24:20170601003420p:plain

けむす。。。

毛虫。。。

ChikuChiku & IgaIga Kemusu

ジーザスは絶対わざわざここ通りませんでした。

絶対。

これ、まだ可愛い方で、50匹くらい一緒になってたりしたやつもありました^^

これ〜

f:id:banneroflove24:20170601011538p:plain

きもい!w

女子力試されます!

 

ちくちくの葉っぱのほうは、まだなんか緑やし、

景観を保ってるというか。。。

 

ただ、種の例えっていうのがあるんですが、

良い土地に落ちた種は100倍のものを実らせるけど、

道端に落ちた種は鳥に食べられてしまう。

岩に落ちた種は土が浅いから、すぐ芽が出る。

でも、根を張れないから、すぐ枯れちゃう。

最後にいばらのところに落ちた種は、ふさがれてしまって、何も実らなかった。

 

これは聖書の言葉を聞いて、

真摯に受け止め、ねばり強く行う人の心は良い土のようだ!

聞くだけで終わってしまう人は、道に落ちた種のように、

その言葉をすぐに持って行かれてしまうみたいだ。

言葉を聞いて喜ぶけど、なんか辛いことがあって、

すぐにやめてしまう人は、根が浅い岩の上の種のようだ。

言葉を聞いて頑張るけど、他のものの方が楽しく思えて、

言葉通りにならない人はいばらにふさがれて、実りのない種のようだ!

 

という例えなのですが、

このいばらを連想させられました。

 

この葉っぱがいばらかどうか正確なことはわかんないんですが、

なんかめっちゃ生い茂ってて、

確かにここに落ちたらふさがれてしまうな〜って。

神様の言葉を粘り強く行っていきたいです^^

 

さて、話が逸れましたが、どんどんいっちゃいましょ〜

f:id:banneroflove24:20170601010303j:plain

お花〜〜

f:id:banneroflove24:20170601010343j:plain

お花〜〜〜^^

f:id:banneroflove24:20170601010509j:plain

OHANA (Kazoku)

f:id:banneroflove24:20170601010628j:plain

うんこ!

やっぱ、うんこはなんかテンション上がりますね〜

男子^^

結構牛とか馬とかが放し飼いされてて、そこら中にうんこがあります!

ChikuChiku & IgaIga Kemusu UNKO

このブランドは売れる。

私が保証するわ!

 

さらに歩いて行くと、

f:id:banneroflove24:20170601011439j:plain

 

大麦畑が続く中で、

右手奥に山の影みたいなんがありますよね。

あれがヒッティーンの角です。

もう少し進んでいくと、

f:id:banneroflove24:20170601022158j:plain

お花畑〜

f:id:banneroflove24:20170601011955p:plain

こ、こえていいのか、有刺鉄線。。。

という疑問をぐぐり、

f:id:banneroflove24:20170601012126p:plain

ヒッティーンの角につきます。

この二つの頂上が牛の角に似てる

というユニークな想像力から、

ヒッティーンの角という名前になったそうです。

 

このふもとでヒッティーンの戦いという有名な戦いがありました。

十字軍 VS. イスラム勢力の戦い。

十字軍っていうのは、1000年くらい前にヨーロッパのキリスト教のトップが、

イスラム教の勢力が強くなってきて

やばい

と感じて、今のイスラエルあたりに軍隊を送ろうってなった軍隊です。

 

でも、ただ単に送ることはできないので、

大義名分として、

「聖地奪回!イスラエルを異教徒から取り戻せ!」

を掲げてきたわけです。

また、これに参加したら、罪が赦されるとかゆー意味のわからないことを言ったり、

途中でユダヤ人、イスラム教徒を虐殺しています。

キリスト教の汚点。

二度と起こってはいけないことです。

そんなこと、イェス様は一回も言ってないでしょう。。。って。

 

それは置いといて。

この十字軍最初の遠征は成功したんですが、2回目の遠征くらいから、

イスラム教の勢力が盛り返して、調子が悪くなるんですよね。

そんな時に、ヒッティーンの戦いは起こりました。

 

イスラム教徒を率いるサラフッディーンはまず、

すぐ側のガリラヤ湖の岸にある街、ティベリアを包囲。

そこには、十字軍のリーダー、レイモンド3世の妻がいたんですね。

レイモンド3世ともう一人の十字軍のリーダー、ギーはアッコーという街にいたのですが、

この知らせを聞いて街から出てきます。

この時、引き連れてきた軍の中に有名なテンプル騎士団とかもいたりします。

なんか夢がありますよね〜〜^^

テンプル騎士団とか、中世の騎士。

 

さて、この軍隊、水の補給をちゃんとしなかったんですね。

皆さんはJesus Trailにはたくさん水を持ってきてください^^

すると、敵将サラフッディーンは火を放って、ますます喉を渇かせるという、

嫌がらせ。

すると、ヒッティーンの近くに泉があるのでそこをめがけて、軍が移動。

そこを攻撃!

そこからの水の供給は無理だと気づいた十字軍は、ガリラヤ湖を目指します。

もちろん、そうなることを予想していたイスラム軍の攻撃により、

十字軍は負けちゃうのでした。

この戦いをきっかけに、イスラム勢力エルサレムを取り返します。

これを受けて、十字軍、第3遠征が出されるんですね〜〜

 

歴史はこんなもんにして、

ヒッティーンの角自体結構綺麗なので紹介していきます〜

高低差が結構あるからなのか、すごい雲が多いんですよね。

f:id:banneroflove24:20170601021201j:plain

この時なんて、めっちゃハイジでした!

雲がゆっくり大地を飲み込むような。

結構ロマンを感じさせられました。

よかったらその時の動画をどうぞ:

www.youtube.com

まぁ、ただただ、撮っているだけなんですがw

f:id:banneroflove24:20170601022332j:plain

ちゃんとモーモーさんもいて、

ハイジ感出してくれてます。

あとは天からのブランコだけ、

おしえておじいさん〜〜

 

f:id:banneroflove24:20170601021540j:plain

他にも。

なんかいい感じでしょう〜

よ〜ろぴあんで、

ロード・オブ・ザ・リングみたいな〜

十字軍にふさわしい背景です。

f:id:banneroflove24:20170601022519j:plain

そこからの景色がこんな感じです。

あの谷みたいになってるのがアルベルってとこで、

次の目的地。

そこを越えるとガリラヤ湖です!

 

アルベルはめちゃくちゃ綺麗なので、めっちゃおすすめです。

次の記事に書いちゃおうと思います〜

ありがとうございました〜