読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生イスラエル

なぜにイスラエル?いや、ほんとなんでイスラエル?自分でもわからんことだらけのイスラエル留学生活奮闘記。

自己紹介とブログ紹介

自己紹介とブログ紹介

さてさて、更新を怠ること一ヶ月強!

そんなもん気にしてたらブログは続きません!笑

ベツレヘムの記事は書いたのは良いのですが、はじめに自己紹介やはりしときたいな〜〜と思ったのでします!

聞いてください僕の人生!!!!

ドーン!!

__________________________________

1994年12月23日、阪神大震災の少し前に大阪で生まれる

*注日本ではこの日休日である。その理由は僕の誕生ゆえである嘘

3歳のころ父の仕事の関係でノルウェーに。

1年半ノルウェーで暮らすと、また大阪に戻り公立の小学校に2年間、インターナショナルスクールに残りの四年、ワイルドな学生生活を過ごす。

またまた父の仕事の関係で12歳の時、アメリカ、聞いたこともないテネシー州へ。

アメリカでは5年間過ごし、そこで人生の転機となる神様との出会いがあり、クリスチャンに!

高校生活残りの2年、京都のインターナショナルスクールで暴れた後、

なぜかイスラエルで土木工学。。。

 

 

波乱万丈、順風満帆!

そう僕は怖いもの知らずの明るいやつ!

仕事が出来て、英語もぺらぺら。

世界をまたにかける、超新星

 

 

 

 

 

ではないんですよね〜〜〜〜

こんなバックグラウンドだから、いろいろ想像力がみなさん豊かになっちゃうんですが笑

僕は極めてふつーです。

去年の夏、インターンシップをさせてもらったんですが、そこの社員の方に

「世界をまたにかける人が使う最先端の携帯電話ってどんなのかしら?」と聞かれたのですが、

どぞ、世界をまたにかけた男の携帯電話

f:id:banneroflove24:20170205203643j:plain

 月々使用料1000円です。

iPod touchも併用していますが、基本会話はこれでしてます。

メッセージ送るのに平均6時間はかかりますね(少し誇張)。

 

でも、英語は話せるんでしょ!?

話せます!ぺらぺらです笑

それはそうなんですが、これ、僕が頑張ったから会得したものではないんですよね。

日本人が日本語話せるのは当たり前でしょう。

海外に子供の時から10年くらい住んでたら、話せないほうがおかしいです。

 

じゃ、マサはなんなの!?

そうなりますよね〜〜〜〜

これ実は僕だけの心の叫びじゃないんですよ。

思春期に忘れ物をしてきたかもしれませんが、結局人は自分が何者かって一生探しているんですよね。

ある人は仕事に自分を見つけ、ある人は恋人に。

ある人は自分の技量に、ある人は自分の国に。

では、どうでしょう。

仕事がなくなってしまったら。

恋人が自分を裏切ってしまったら。

自分に限界を感じたら。

違う国に行って、今まで自分の習慣や、文化が全く通用しないところに立たされたら。

あなたはだれですか?

 

一気に深みに突入して水圧半端なく上がりましたが、ちょっと考えてみていてください。

さて、みなさんが考えている間にもう一つの質問を自問自答していきます!笑

イスラエルってなんですか?

これもなかなかみんなが知らないだけ答えにくい!

僕がイスラエルを紹介するときよく使わせてもらっている写真があるんですが

これです〜^^

f:id:banneroflove24:20170205205722j:plain

1)戦場の写真 2)ビーチ 3)タイムズ 4)砂漠 5)黄金のドーム 6)黒猫

さて順に

 

1)戦場の写真

Where my mom thinks I live

訳すと、自分の母が私の住んでいるところ(イスラエル)をどう考えているか。

 

多分うちの母はこんなこと微塵も考えていないと思うのですが笑

ただ、大抵の日本人がもつイスラエルのイメージってこんなもんじゃないでしょうか。

 

爆弾とかミサイルとか飛び交うなか、どうやって勉強してるの!?

みたいな笑

できるか、んなもん

イスラエルは平和です。

情勢が確かに少し悪くなるときもあるのですが、いたって平和。

治安に関して言えば、子供達だけでレストランにいくこともできちゃうくらい(アメリカでは考えられない。。。)

でも、確かに5年に一回ほど情勢が少し不安定になるので、その時には避難警報とかもでたりします。

心の中ではシェケルイスラエルの通貨)が下がってくれるので、情勢悪化を願ったりするのですが

冗談です

はいつぎ〜

 

2)ビーチ

Where my friends thinks I live

自分の友達がイスラエルをどう考えているか。

 

これはイスラエルに来る観光客の多くがヨーロッパから、特にドイツから来ることに由来していると思うんですが、

彼らがイスラエルに来る理由の一つはビーチなんです。

イスラエルは地中海に面していて、海岸沿いはめちゃくちゃ綺麗。

うちの寮からも地中海が見えます。

f:id:banneroflove24:20170205211418j:plain

めちゃ綺麗です。

ただ、勉強忙しくて、海まで行く時間がない涙

だいたい一年に1、2回くらいしかここに泳ぎに行きませんね〜〜

もったいない。。。

明日行ってこよかな〜

あ、今冬や。

やめとこ。

 

3)タイムズ

Where society thinks I live

社会がイスラエルをどう考えているか。

 

これはマスコミってことですね〜

やはり、中東問題の大きな大きな課題の一つとして議論が絶えません。

日本のマスコミだけを通してイスラエルの事を知っていたとしても、

悪いイメージしかないですよね〜

もちろん、嘘八百ではありません。

イスラエルだって正しくないこといっぱいしてます。

でも、それをさばけるほど僕たちは立派じゃないな〜と。

 

4)砂漠

Where foreigners thinks I live

外国人がイスラエルをどう考えているか。

 

もし、日本人がイスラエルと聞いて戦場を思いうかべなかったら、

次はこれじゃないでしょうか。

砂漠。

f:id:banneroflove24:20170205212504j:plain

そして砂漠なら、ラクダ。

そしてラクダー>アラビヤ語ー>イスラム教ー>危ないー>1)に戻る。

ではなぁああい。

こっちのラクダは野生のラクダじゃなくて、

お金払って乗らないとダメな観光ラクダ!

(多分野生もいるんだろうけど。。。)

アラビヤ語もイスラム教の人たちもいますが、彼らが過半数ではありません。

そして、砂漠=発展途上国ではなく、

砂漠もあるが、都市部は十分に発達していて、

イスラエル自身、先進国として世界から認められています。

 

5)黄金のドーム

Where I thinks I live

私がイスラエルをどう考えているか。

自分がどんなとこに住んでいるのかと思っているのか)

 

これはもうただただ

共感の嵐

僕的にはイスラエルってもう、聖地で、あーーーーもうなんか

「え、アブラハムの墓?

エリヤの洞窟??

ここでモーセが海分けちゃったわけ?」

そんな毎日をめちゃくちゃ想像していたわけなんですよ!

黄金のドームで、昔神殿が立っていたところで、

イェスが涙を流されたように

エルサレムよ、お前をどんだけ集めようと思ったか!」って祈る!!

(クリスチャンじゃない方すみません。)

その感動の毎日!

 

 

 

ではないんですよね〜〜〜 (はっ、嫌な予感)

6)黒猫

Where I really live

実際住んでいるところ

 

そうなんですよ、奥さん!

猫なんですよ、猫!

ハトゥリーム・カ・エレ!

(注ヘブライ語:猫ども)

さっきのが共感の嵐なら、

共感のSMAPです!

わかっていただけますか!?

いや、わかっていただけないでしょうけど、

猫の人口、猫口が半端ないんすよイスラエル

ある情報によると200万匹だそうです。

ほーーーー

ピンときていないあなた!

イスラエルの人口なんだと思います!?

800万人ですよ!

ふざけないでください。

4人に一匹の割合で猫がいたら日本はどうなります!?

3000万匹ですよ!

恐ろしいです。

僕は必ず猫とイスラエルという名前の記事を次あたりに書きます。

そのためにこのブログ立ち上げたようなものですから。

 

 

わかっていただけたでしょうか?

僕が日本の超新星と思われているが実際はNOKIA携帯を使用しているただの22歳であるのと同じように、

イスラエルは戦場とか、聖地とか、先進国とかそんなもん以前にわんにゃん時空伝のワン抜いた、ドラえもんの天国なんですよ。

 

いや、そんなわけない。

真面目に答えてください。

ではもう一度。

ふー・あむ・あい?

ほわっと・いず・いすらえる?

ふざけとるやないか。。。

 

じゃ、僕から答えますね。

僕は誰かという答え、

愛されていて、恐れ知らず。

できないことは何もなくて、最高に素晴らしく、美しい人です。

 

血迷ったか!?笑

真剣十段でそう思っております。

ただのナルシストだと一蹴される前に一つ、二つ、いや三つ。

もしこの世界に神様がいて、その神様が一人一人の事を死ぬほど愛しているとしたら。

そして、死ぬほど愛するというのは表現だけでなく、本当に僕たちのために死んでくださったとしたら。

そしてそのおかげで、もし神様を信じるだけで、神様のすべてをいただけるとしたら、どうでしょう。

 

聖書には私は神に愛されたもの、神様の子供にされたこと、すべてをする力があたえられ、神様が惚れてしまうほど、美しいものだと書いてあります。

 

うーん。

聖書に書いてあることはわかった。

それがどう私に関係あるんだ?

これが自分を自分たらしめるものだとしたらどうでしょう。

仕事を失っても愛する人に裏切られても、自信をなくしても、

普遍的にある神様が、決して裏切らないと知っていたらどうでしょう。

これは強い。

状況に全く左右されず、自分が最高だと信じきって生きていけるんですよ!

一言、ただただやばいっす。

 

いや、言ってることはわからんでもないが、ただの考え方じゃないか。

そう単純に君が信じることができたんだったら、それはそれでいいけども。

では、本当にこれが絶対的真理だったらどうでしょう。

神様があなたを死ぬほど愛している。

ただこれだけ。

この前提があればこうなるわけです。

もし、神様が私を愛しているとすれば、私がそれを教えてくださいと聞くとき、私にわかる方法でその愛を教えてくれる。

あなたが誰かを愛していたら、その人に伝わるように愛を伝えますよね。

 

僕はアメリカにいた時にそれを受け取っちゃったんです。

神様がマサのことめちゃくちゃ好きだよ!

っていう真実をめっちゃ感じたんです!

むっさ愛されてる!

自分が自分の事をどう思うとか、これまで自分が何してきたとか、自分が今何をしているとか、他人が自分のことをどう思ってるとか全部はるかに凌駕して。

大好き!

っていう声が僕の心に届いちゃったんですよ。

このぱない安心感はぱないです。

神様が僕のことを好きなのと同じくらい、一人一人のことが大好きです。

だから、聞いてみちゃってください。

神様、愛してるんだったら、教えてよ。

全然そんな風に感じないけど、あなたが本当に本当だったら教えてよ。

そんなシンプルなんでいいんです。

絶対神様は出会ってくれます^^

だって神様は良い神様だから!

 

そして、二番目の質問、イスラエルってなんなのってとこに戻ります。

イスラエル、外から見たら猫の多い国です、先進国です、問題山盛りの国です。

では、また前提にもどりますね。

神様がこの国のことを愛していたらどうなんだ?

イスラエルは完璧には程遠い国です。

でも、神様がイスラエルのことをただただ素晴らしい国としてみているんです。

だから僕はイスラエルにきました。

神様がイスラエルをめちゃくちゃ大好きだから、

僕も好きな人の好きなことを好きになりたい!

イスラエルを愛していきたい。

そして、そのイスラエルを少しでも日本の皆さんに伝えれたらと思い、

また神様がめちゃくちゃ皆さんを愛してるってことを少しでも伝えられたらと、

このブログ立ち上げさせてもらいました。

これからもよろしくお願いします!

 

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じるものが、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

聖書